ここから本文です

【鳥栖】金明輝監督が初陣で“トーレス外し”を決断!3発快勝に導いた大胆采配の理由

5/11(土) 20:57配信

SOCCER DIGEST Web

「彼を活かしきれていないことも現実」

[J1リーグ11節]鳥栖 3-1 G大阪/5月11日/駅スタ
 
 金明輝監督が初陣でフェルナンド・トーレスを先発から外した。「世界的な名プレーヤー」と評価する選手をベンチに置いたのだから、勇気ある決断だったはずだ。試合後、大胆采配の理由を次のように説明した。

【鳥栖 3-1 G大阪 PHOTO】金明輝体制の鳥栖、闘った、勝った!

「得点を取れていなかったという部分で、彼もフラストレーションが溜まっている状況ではありました。チームが彼を活かしきれていないことも現実です。
 
 今日のゲームに関しては、チームで必要なプレーは、僕がチョイスしたスタート(メンバー)でした。紛れもなく、(F・トーレスが)戦力であることに変わりないです。90分通しての僕のプランニングの中で今日に関しては、彼は途中出場だった。ただ、それだけです」
 
 指揮官のプランは奏功し、G大阪に3-1で快勝。F・トーレスに代わって2トップの一角に入った豊田陽平は前線で身体を張って起点を作り、チームの2点目となるPKも決めた。
 
 そして、85分から途中出場したF・トーレスは、90分に左サイドからカットインしてシュートを放ち、相手DFにブロックされたこぼれ球が原川につながってダメ押し弾に絡んでいる。つまり、9番はゲーム終盤の切り札だったというわけだ。
 
 5月5日に退任したルイス・カレーラス前監督の下では、わずか1ゴール。だが、金明輝監督は正式監督就任後のリーグ初戦で、見事な采配によって得点力不足を解消してみせた。
 
 金明輝監督は「まだひとつ勝っただけ。まだまだ最下位。この1勝で満足することなく、もっとチームとともに成長していきたい」と言う。新指揮官の下でこのまま浮上できるのか、鳥栖の逆襲に期待が膨らむ。
 
取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)

最終更新:5/11(土) 20:57
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事