ここから本文です

13歳全米女王リウ、4回転ルッツ成功していた 米紙「支配的ロシア勢に加わろうと…」

5/11(土) 18:06配信

THE ANSWER

リウの動向を米紙レポート、4回転ルッツ習得中「一貫して練習する必要ある」

 フィギュアスケートの全米選手権を13歳で制したアリサ・リウ(米国)。驚異の天才少女はオフシーズン、羽生結弦(ANA)らが拠点を置くクリケットクラブで練習したことも伝えられていたが、来季へ向けて4回転ルッツの習得に挑み、すでに成功させているという。米メディアが報じている。

【画像】4回転練習で羽生と共演していた! 「おおお、泣きそう」とユヅ党歓喜…クリケットクラブコーチが公開した13歳リウとの最新ショット

 ロシア勢が席巻するジュニア戦線に13歳の全米女王が待ったをかける。米地元紙「マーキュリーニュース」は今週末にアイスショー「スターズ・オン・アイス」に出演するリウの動向について紹介しているが、注目は4回転ルッツ挑戦だ。

 記事では「リウは8月に始まる19-20年シーズンで4回転ジャンプを着地させることで、支配的なロシア選手に加わろうとしている」と言及。すでに練習では現在のフィギュア界で男女を通じて最高難易度の4回転ルッツを定期的に成功させているという。本人は「一貫して練習する必要があります。取り組む必要があるんです。そうすれば良くなりますから」と語ったことも伝えている。

 目下のフィギュア界ではロシアの女子ジュニア勢が次々と4回転ジャンプを成功させたことが話題になっている。記事によると、リウのコーチを務めるローラ・リペツキー氏は「4回転ジャンプの成功は、男子選手にできることは女子選手にもできるという証明になります」と語った上で「女子フィギュアの進化は変わりつつあります」と女子のレベルの進歩について認めているという。

元米連盟会長「アメリカの女子選手がロシアと競えるのは偉業」

 最近、コロラドで行われたジャンプ合宿において、元全米フィギュアスケート連盟会長のサム・オークシャー氏はリウが他選手を圧倒するのを目の当たりにしたといい、同氏は「技術的観点において、アメリカの女子選手がロシアと競うことができるのは偉業です」とフィギュア大国を脅かそうという逸材に対し、期待を込めたという。

 最近ではクリケットクラブのジェフ・ディオニシオコーチが同施設で4回転ジャンプの練習を行ったことをインスタグラムで明かし、羽生と一緒に写った写真をアップして話題を呼んでいた。1月の全米選手権では3回転アクセルを2本着氷させ、史上最年少女王に輝いたリウ。140センチの小さな全米女王は、来季のリンク上でどんなジャンプを見せ、フィギュア界を沸かせてくれるのか。

THE ANSWER編集部

最終更新:5/11(土) 18:06
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事