ここから本文です

新人王は阪神の近本が一番手、いやヤクルトの村上もスゴいな【岡田彰布のそらそうよ】

5/12(日) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

新人が活躍するかどうかはチーム事情に左右される

足もあり、パンチ力のある打撃もする近本[写真中央]。これからも一番に定着しそうやわ。新人王の最有力候補やな。でもヤクルトの村上もかなりホームランを打ちそうや/写真=高塩隆

 元号が変わり、新時代に突入──。ということで大型連休の中、例のS君から連絡が入った。世の中はGWでも、週ベには休みなし。キッチリと仕事が伝えられます。

「今週は令和になったことですし、ルーキー、新人に関して書いてください」ときた。開幕から1カ月が経ち、そろそろ各チームの戦力が出来上がり始めた。そこでルーキーたちはどんな動きをしているのか……であるが、それを書く前に、オレの昭和のルーキー時代のことを振り返ってみる。まあ何度か書いたけど、また付き合ってくださいな。

 早大からクジで阪神に引き当てられ、ドラフト1位でプロ入り。当時はホンマ、スゴかったんよね。関西のスポーツ紙が連日、大々的に取り扱って、何でも1面、そんな感じやったわ。毎日、動きを追われて、自由にできんかった。これだけ期待されてんねや……と感じていたし、ホンマ、それをやりがいに思っていたもんね。

 ところが、よ。ここからは阪神ファン、週ベ読者もご存じのことを書いていく。当時の監督はブレイザー。彼はシンキング・ベースボールを掲げ、実に合意的な考え方をする。情に流されたり、感情に左右されることがない。それはドラフト1位の新人に対してもそうやった。「ルーキーをいきなり起用することは考えていない。理由? 余計なプレッシャーを与えたくないからだ。メジャー・リーグではこれが普通の考え方だ」とした。

 オレはそのことを早々と通訳の人から聞いた。あ、そうなんや、とだけ思ったし・・・ 本文:2,390文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:5/12(日) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

もっと見る