ここから本文です

こんなに多いの? 飲酒が肌に与える5つの深刻な影響

5/12(日) 20:24配信

ハーパーズ バザー・オンライン

アルコールが肌に与える影響:早期老化

アルコールを摂取すると、細胞へのダメージや早期老化の可能性が高まる。

「脱水症状が肌のバリア機能を弱め、環境による攻撃を受けやすくなってダメージを引き起こしてしまうのです」と、ヘクストール博士。

また、細胞のターンオーバーを促進し、公害などから肌を護る強力な抗酸化物質であるビタミンAの肝臓内の蓄積量を減らしてしまう。

アルコールが肌に与える影響:変色

アルコールは血管拡張剤の役割を果たす。つまり、血管を開くということ。もし血管が拡張しすぎると破裂してしまい、末梢血管が永久に拡大されたままになる(鼻や頬の周りに壊れた赤い血管があるのに気づくかも)。

その上、肝臓が正常に機能しなくなると、肌はくすんで見え、目の周りに色素沈着を引き起こしてしまうのだ。

Translation: Mitsuko Kanno from Harper's BAZAAR UK

2/2ページ

最終更新:5/12(日) 20:24
ハーパーズ バザー・オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事