ここから本文です

カンヌ国際映画祭2019を前に、セレブリティたちのアイコニックな“カンヌ・スタイル”を振り返る

5/12(日) 21:27配信

ハーパーズ バザー・オンライン

南仏・カンヌで開催される世界一グラマラスな映画祭、カンヌ国際映画祭。そのレッドカーペットを有名にしたファッション・モーメントを、いよいよ2019年5月14日の開催を前に、ヴィンテージ写真とともに振り返ってみよう。

【画像】カンヌ国際映画祭を魅了した歴代おしゃれアイコン72

マリン

1955年、カプリパンツに白のブラウスというマリンスタイルでポーズをとるエレガントなグレース・ケリー。

燦然とした輝き

エリザベス・テイラーは1957年、ティアラの威力を見せつけた。

ブルーをまとったレディ

チャールズ皇太子とダイアナ妃が、カンヌに姿を見せた瞬間。ダイアナ妃はキャサリン・ウォーカーのペールブルーのドレスをまとっていた。

ベッドルームスタイルの正装

1991年、マドンナはドキュメンタリー映画『イン・ベッド・ウィズ・マドンナ』のスクリーニングに、ジャン=ポール・ゴルチエのランジェリーにインスパイアされたドレス姿で登場。

ケイト&ジョニー

1998年の映画祭の“itカップル”として注目を集めたジョニー・デップとケイト・モス。

Translation: Mitsuko Kanno From Harper's BAZAAR.com

最終更新:5/12(日) 21:27
ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2019年7月号
2019年5月20日発売

特別定価:700円(税込)

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事