ここから本文です

吉田匠がプジョー新型500シリーズを試乗! 生まれ変わったプジョーの旗艦をテストした

5/12(日) 21:11配信

GQ JAPAN

回転も滑らかで静粛性も上々。個人的にも推したいディーゼルモデル

そこで、2リッター直4ディーゼルターボのGTに乗り換える。1.6ガソリンターボと比べて車重は120kg重くなる一方で、パワーは3ps低くなるもののトルクは150Nm増強されるから、印象としてはこちらの方が加速感が明らかに力強い。ディーゼルターボ独特の、下からグググッと押し出すような加速が気持ちいい。

エンジン音と回転感は明らかにディーゼルのそれだが、そのボリュームはまったく気にならないレベルにあるし、回転感も滑らかだから、ドライバーもパッセンジャーも、ディーゼルであることを不快に感じることはないはずだ。

しかも、車重の増加は基本的に乗り心地に有利に働くから、ガソリンモデルと比べると文字どおり一段と重量感のあるライドを味わわせてくれる。その一方、前輪荷重の増加はハンドリングに関しては好材料ではないが、タイトコーナーの続く長尾峠を攻めてみても手に余るようなアンダーステアはまったく感じられず、ガソリンモデル同様に素直なコーナリングを見せてくれた。

新型508はもちろん今どきのニューモデルだから、アクティブセーフティブレーキ、アクティブクルーズコントロール、レーンポジショニングアシスト、レーンキープアシストその他の運転支援装置は全モデルが標準装備しているのに加えて、ナイトビジョンやフルパークアシストもオプションで装着することができる。

というわけでニュー508、激戦区であるDセグメントに切り込むプジョーの意気込みがストレートに感じられるクルマだった。最後にガソリンかディーゼルかという選択の話をすると、それぞれに美点はあるものの、508のサイズ感とキャラクターには、ディーゼルの走り味の方がマッチしていると僕は感じた。とはいえ、ガソリンを選ぶことに反対する理由も、特に考えられないが。

文・吉田 匠 写真・柳田由人 編集・iconic

3/3ページ

最終更新:5/12(日) 21:11
GQ JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事