ここから本文です

22年間をかけて200勝に到達した村田兆治(1989年5月13日)

5/13(月) 7:05配信

週刊ベースボールONLINE

 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があったのか紹介していく。今回は1989年5月13日だ。

 ウイニングボールが一塁手・愛甲猛のミットに収まるのを目で追いながら、ロッテ・村田兆治は22年間苦楽をともにしてきた右腕を、少し照れたように天に突き上げた。39歳と5カ月。若林忠志(毎日)の39歳8カ月に次ぐ、史上2番目の“高齢200勝達成投手”の誕生だ。

 このシーズン、4月9日の西武との開幕戦で完封勝ちし、200勝に王手をかけた村田だったが、次の16日の近鉄戦は延長11回の末に6対7で負け、30日の日本ハム戦にも4回でK0。村田にとって“三度目の正直”で200勝を手にした。

 68年の初登板から82年5月7日までに156勝した村田だが、そこで右ヒジを痛めたため、157勝目は85年4月14日。約3年もブランクを置いたため、22年かかった200勝。「よくここまで来られたなというのが正直な気持ちだよ」と村田は実感を込めて言った。

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:5/13(月) 10:42
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事