ここから本文です

【トランプの疑惑】沈黙を守るムラー特別検察官の狙い

5/13(月) 11:24配信

ニューズウィーク日本版

バー司法長官の短い概要や証言だけでは不十分。今こそムラー本人が説明すべきだ。なぜバーの概要を批判したのか。なぜトランプを訴追しなかったのか。報告書の真意は何なのか。

2016年の米大統領選にロシアが介入した疑惑をめぐり、5月1日にバー司法長官が上院司法委員会の公聴会で証言した。5時間に及ぶ証言の結果はっきりしたことが1つある。壮大なロシアゲートの捜査を率いてきたロバート・ムラー特別検察官に話を聞く必要があるということだ。特別検察官に任命されて2年、ムラーはスフィンクスのように謎めいた沈黙を守ってきた。

ムラーが答えるべき問いは多い。報道によれば、ムラーの捜査報告書の概要をバーが3月24日に発表したが、ムラーは概要は報告書の内容を「十分に伝えていない」ため、捜査に対する「世論の信頼」を脅かしていると批判する書簡を同月27日付でバーに送ったという。これについてバーは公聴会で、ムラーの不満は概要をめぐる報道に対するものだと証言した。

しかし実際には、ムラーの書簡は報道には言及していない。誰の主張が正しいのか。バーの証言に誤りか誤解を招く部分があったのか。ムラーは概要の何を批判したのか。

それ以上に重要なのは、トランプ大統領による司法妨害の有無についてムラーが判断を見送った点だ。報告書にはトランプが妨害を試みた可能性を示唆する10件(ホワイトハウスの法律顧問だったドン・マクガーン弁護士にムラー解任を指示したなど)の記載がある。司法省は現職大統領は訴追できないとの立場を取っているが、バーの証言によれば、それがムラーが訴追しなかった理由ではないという。

では一体なぜ? 判断を保留した理由をムラーは説明すべきだ。結論に達しなかったとする報告を受けて「驚いた」とバーは主張した。

弾劾材料の提供が狙いか

トランプの「潔白を証明」する証拠もないとした理由も説明すべきだ。特別検察官の仕事は容疑者の「潔白を証明」することではなく、訴追するかどうかを判断することだと批判する声も上がっている。バーの証言どおり、訴追するのかしないのかを判断して司法長官に報告する──通常はそれが特別検察官の仕事だ。

だが今回はそれほど単純ではないとムラーが感じていたのは明らかだ。十分な証拠があったのに訴追を勧告しなかった理由について、バーは5月1日、司法妨害罪で訴追するにはトランプの「意図」を示す情報が不足していると改めて主張した。言い換えれば、ロシアとの共謀の証拠が見つからないため、司法妨害罪を証明するのは困難だと考えたのだ。犯罪的な意図を証明しなければ説得力に欠けるからだ。

司法妨害の証拠を十分ばらまいておけば、議会が拾い集めて弾劾裁判に持ち込むかもしれない──。それがムラーの狙いだと多くの民主党議員は考えている。ムラーの報告書は複数の事例を挙げ、弾劾裁判における議会の役割に言及している。しかしバーは先日の証言で、ムラーが自身の役割をそのように考えているとしたら「不適切」で、ムラーとの間で話題に上ったことはないと主張した。

弾劾手続きは下院で始まる(バーは5月2日に予定されていた下院司法委員会公聴会での証言を拒否した)。民主党が過半数を占める下院が弾劾決議を採択すれば、上院が弾劾裁判を行う。共和党が多数派を占める上院が有罪の判断を下す見込みは薄いが、1日の公聴会を見る限り、多くの民主党議員は機をうかがっている。ムラーの狙いはそこにあったのだろうか。ロシアゲートのスフィンクスはそろそろ重い口を開くべきだ。

<2019年5月14日号掲載>

ビル・パウエル(本誌シニアライター)

最終更新:5/13(月) 11:24
ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2019-6・18号
6/11発売

460円(税込)

【特集】米ジョージタウン大学 世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論
「全米最高の教授」サム・ポトリッキオが説く勝ち残るリーダーになるための処方箋

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事