ここから本文です

北極圏まで400km。カナダのレイクトラウト聖地で日本の釣法が記録を叩き出した

5/13(月) 21:28配信

ルアマガ+

阿部博和 in Canada 中禅寺湖マスターが挑むレイクトラウトの聖地

北極圏まで約400km。カナダ、ダンカンレイクは、レイクトラウト・フィッシングの聖地として知られる。この湖では今、日本国内から「おそろしく釣れる湖」として熱い注目を集めている。そんなレイクトラウトの聖地に、中禅寺湖を知り尽くした男……「阿部博和」が挑んだ、3日間と半日の旅の模様をお送りする。

今回のアングラー

■阿部博和(あべ・ひろかず)
ロデオクラフト・アドバイザースタッフ。エンドウクラフト・フィールドテスター。アングラーズデザイン・フィールドテスター。ワークスゼロ・サポートプロ。モーリス・フィールドテスター。中禅寺湖の釣りと歴史を変えたと噂される名スプーン『M.T.レイクス』の開発者。圧倒的な情熱と好奇心で中禅寺湖を愛し続ける。日本屈指の中禅寺湖マスターとして知られている。

「中禅寺湖最強のスプーン」はカナダの聖地に通用するか

カナダに入国。イエローナイフは、9月中旬でも氷点下だった。今回のパーティは総勢6名。阿部博和さんの古くからの友人たちだ。季節を問わずオーロラの出現率が高いイエローナイフから、水上飛行艇で約50分。阿部博和さんたちが目指す、ダンカンレイクが存在する。夢のような時間が幕を開ける。

阿部さんがダンカンレイクの存在に惹かれたのは、一般アングラーのとある釣行ブログがきっかけだった。そのブログによると、レイクトラウトの故郷であるカナダのダンカンレイクでは「スプーン巻き」の釣りでもレイクトラウトがおそろしく釣れるという。

M.T.レイクス(ロデオクラフト)によるスライド釣法を、中禅寺湖で完全に定着させた張本人は阿部博和さんだ。その阿部さんが、巻きスプーンでそれほど釣れるダンカンレイクにおいて、M.T.レイクスのスライド釣法を試してみたい、と思うのは必然だった。中禅寺湖で圧倒的な強さを誇るM.T.レイクスのスライド釣法は、レイクトラウトの聖地でも通用するのか? 阿部さんは、自身の内側から湧き上がる好奇心を抑えることができなかった。

そして2018年9月。中禅寺湖最強スプーンであるM.T.レイクスと、阿部さんの右腕とも呼べるロッド、ブラックウルフ(ロデオクラフト)を携えて、レイクトラウトの聖地へと降り立った。

1/5ページ

最終更新:5/13(月) 21:28
ルアマガ+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ルアマガ+

内外出版社

ルアーマガジン8月号
6月26日発売

特別定価880円(税込)

羽根モノ大図鑑
陸王第2戦 青木大介vs藤田京弥
2019 ALL NEWリールカタログ
特別付録:レジットデザインスモールマウス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ