ここから本文です

カンヌ国際映画祭、「パルム・ドール」獲得邦画集

5/13(月) 22:20配信

エスクァイア

『うなぎ』(1997)

 浮気した妻を殺害してしまい、服役していた拓郎(役所広司)。彼は、8年後に仮出所しました。

 極度の人間不信に陥った彼は、理髪店を開くが唯一飼っているうなぎだけにしか心を開かない。そんなある日、川原で自殺未遂した女性・桂子(清水美砂)を助けてから、少しずつ彼の中で何かが変わってゆくのでした…。

 第50回で2度目のパルム・ドール獲得した今村昌平監督(写真右)が贈る、悲しくも愛おしいストーリーです。

『万引き家族』(2018)

 是枝裕和監督によるヒューマンドラマであるこの作品は、2018年の受賞。さらに出演していた樹木希林さんも2018年9月15日に亡くなられたということもあって、記憶に新しい忘れられない作品となっていることでしょう。

 東京のとある下町で、家主・初枝(樹木希林)の年金と万引きで食いつなぐ治(リリー・フランキー)ら一家。貧しい暮らしながらも毎日笑いは絶えないが、ある冬の日、近所の団地の廊下で震えていた幼女(佐々木みゆ)を治が発見。見かねて家に連れ帰るのでした…。

 2004年の『誰も知らない』でも高評価を得て、以降も着実にキャリアを伸ばしている是枝監督のさらなる飛躍に期待してください。

2/2ページ

最終更新:5/13(月) 22:20
エスクァイア

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エスクァイア

ハースト婦人画報社

1933年にアメリカで誕生した
ハイエンド・ファッション雑誌です
ファッションやライフスタイルにとどまらず
アート、カルチャー情報などを届けます

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事