ここから本文です

1枚でトイレじゅうきれいに。流せるシートを使い倒すコツ

5/13(月) 21:11配信

ESSE-online

ふくだけで除菌や汚れ落としができ、使用後にはトイレに流すことができる「トイレ用掃除シート」はとても便利なお掃除アイテム。このシートの効率的な使い方を知っておくだけで、お掃除がすごくはかどるんです。
掃除研究家でハウスキーピングコーディネーターのおそうじペコさんは、掃除アイテムの使いこなしに定評があります。詳しくお話を聞きました。

使用前にホコリをはらう、水や洗剤を加えない…知っておきたいトイレ用掃除シートのこと

トイレシートは使う順序を意識すると効率よく掃除ができます。ポイントを紹介していきます。

●1.シートを使う前にまずホコリをとりましょう
 
トイレの中は衣類やトイレットペーパーから出た細かいホコリが降り積もっています。その状態のままふくと、汚れの前に表面のホコリだけがとれてシートもすぐに真っ黒になってしまいます。
ですので、シートを使う前にまずは表面のホコリを軽くふき取ってから使用するようにしましょう。

やわらかいティッシュで便器のフタ、ペーパーホルダーの上、床などホコリが積もりやすい乾いた平面をさっとふき取っておきます。ティッシュの種類や便器によって細かい傷がつくことがあるので、確かめてから使用してください。

やわらかい布やタオルでふいて洗濯する方法もあります。この場合、ひどい汚れのついた場所は不衛生なのでティッシュでふくようにしましょう。

トイレの床は、使用ずみフローリングワイパーのシートを再利用すると便利です。
汚れていないシートの両サイド(赤い点線部分)を内側に折り返すときれいな面が出て、ふき掃除に使用できます。

●2.シートは大判サイズのまま使用しましょう

ミシン目で半分に切り離して使えるデザインのものもありますが、大判サイズのままの使用をおすすめします。厚みがあるのでシートの乾きも遅く、安定感があるのでやぶれにくくなります。
汚れに気づいたときの小掃除や、少しだけ使用したいときに半分サイズを利用するなど使い分けると便利です。

●3.掃除箇所をおおまかに4ブロックにわけます

1枚のシートで掃除が終わるよう、ふき掃除の順番を決めて使用します。基本は「汚れ度が低い→高い」「上から下に向かって」の動きです。
また、シートを四つ折りにして掃除箇所もおおまかに4ブロックに分けると、効率よく、またシートをムダにせず掃除ができます。
たとえば…

1/2ページ

最終更新:5/13(月) 21:11
ESSE-online

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ESSE

扶桑社

2019年6月1日発売号

¥558

『ESSE(エッセ)』は生活情報誌。家事、節約、収納、レシピ等のニュースを配信中!
(7月号は特別定価558円)
今月は「リサ・ラーソン特製保冷バッグ」が付録についた特装版(定価850円)が同時発売!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事