ここから本文です

元「少女隊」市川三恵子、経営する理容店にはいまもファンが

5/13(月) 11:02配信

SmartFLASH

「当時は3人とも中学3年生で、12畳のひと部屋で川の字に寝る寮暮らし。朝7時に家を出て学校に行き、仕事場でも家に帰っても一緒。一人の時間が欲しくて、学校を抜け出し、化粧品を買いに行ったことがあります」

 キャッチフレーズ「一心同体、少女隊」が耳に残る3人組、少女隊の一人、市川三恵子。

「テレビ初出演は『ひょうきんベストテン』。司会が島田紳助さんで、緊張で頭が割れるように痛かった。何も知らずに歌っていたら相撲ダンサーズが出てきて、本当に慌てました」

 ヘルニアを患い、1年で脱退。22歳で、2歳年上の理容師と結婚した。いまは東京・国立市で理容店を営む。

「いまも店にファンの方が来てくれます。脱退したとき、ファンの方にお別れの言葉を伝えられなかった。いつかライブをもう一度やって、『今までありがとう』と伝えたい」

いちかわみえこ
1969年12月8日生まれ 東京都出身 ニックネームは「チーコ」。1984年8月に「少女隊」としてデビュー。現在は国立市で「カットスペース701」を営む

最終更新:5/13(月) 12:09
SmartFLASH

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事