ここから本文です

令和に買いたい!【外国車 大型ネイキッドスポーツ】2019ニューモデル大集合 #12

5/13(月) 11:31配信

WEBヤングマシン

ウイング付きまで登場する先鋭ぶり

ヘリテイジ系と真逆の現代的かつ過激なルックスを持ち、SS由来の強心臓を搭載するモデルも多数――。「ストリートファイター」や「スーパーNK」と呼ばれるマシンが居並ぶ。外国車は排気量やエンジン型式も個性豊かだが、中でも「ウイング」を備えた新型ブルターレに視線が集中している。

【写真をまとめて見る】

2、3、4気筒が揃い、走りの思想も自由な外国車勢

MotoGPやスーパーバイクの最先端マシンが装備するウイングレットを、公道用市販車、それも1000ccネイキッドに装着してしまったのがイタリア・MVアグスタのブルターレ1000セリエ・オロだ。ラジエターサイドに装着されたウイングは、ネイキッドモデルとしては異例の208psを発揮するエンジンパワーでフロントが浮き上がるのを抑えるため。そのスタイリングは、ミラノショーことEICMA 2018で「最も美しいモーターサイクル」に選出されている。

ほかにもドイツのBMWやオーストリアKTM、イギリスのトライアンフなどが各車各様の個性を主張し、イタリアンのドゥカティやアプリリアが華やかさをもたらす。日本車と同様に、高性能高価格帯のリッター&リッターオーバークラスと、程好い排気量で走りが楽しいアッパーミドルクラスという構成になっている。

ハーレーダビッドソンが投入予定の電動スポーツネイキッドにも注目したいところだ。

MVアグスタ ブルターレ1000セリエ・オロ:レース技術導入のモンスターモデル

スーパーバイク世界選手権で培われた技術を惜しみなく注ぎ込んで開発され、’19年に全世界300台限定発売。センターカムチェーン方式やラジアルバルブ配置といったMVアグスタ4気筒の伝統を守りながら、わずかなパーツを残して設計を根本的に見直したエンジンを搭載。新開発ECUとフルマルチマップのライドバイワイヤ機構、IMU(慣性計測装置)で電子デバイスを制御する。前後サスはオーリンズ製のセミアクティブタイプ。ラジエターサイドのウイングが、ダウンフォースを高める。

【MV AGUSTA BRUTALE 1000 SERIE ORO 2019】主要諸元■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 998cc 208ps/13450rpm 11.7kg-m/9300rpm 186kg(乾燥) 19L シート高845mm ●価格:594万円 ●2019年9月発売(すでに受注開始)

1/6ページ

最終更新:5/13(月) 11:31
WEBヤングマシン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヤングマシン

内外出版社

2019年10月号
8月23日発売

定価880円(税込)

大特集:銀のバリ伝 その先のバイクライフ
新カタナ・カスタム特集
2019鈴鹿の暑い夏
別冊付録:世界初・日本発 列伝

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事