ここから本文です

Googleの新技術! Androidスマホをセキュリティキーに設定する方法

5/13(月) 22:10配信

ライフハッカー[日本版]

Android 7.0以降を搭載したスマホやタブレットを、ウェブサイトへのログイン時にセキュリティキーとして使用できるようになりました。

【画像】Googleの新技術! Androidスマホをセキュリティキーに設定する方法

ただ、現在はGoogleのサイト限定で、Chrome経由でなければなりません。今後、もっと多くのサイトやブラウザがこの機能をサポートしてくれることを願うばかりです。

特定のAndroidデバイスをセキュリティキーにするメリット

デスクトップでウェブを見ているときでも、スマホまたはタブレットを手元に持っている人が多いと思います。そんなとき、この方法なら、ハードウェアトークンや認証アプリを使わずともAndroidデバイスを使って2段階認証ができるので便利です。

通常は、テキストメッセージやプッシュ通知で、暗証番号が送られてきました。それを、サイトに入力することで、アカウントの安全性を高めていましたが、ちょっと面倒なところもあります。さらに、テキストメッセージをハッキングされるというリスクもありました。

今後、手元のAndroidデバイスをセキュリティーキーにすれば、そのデバイスでなければ、アカウントへのログインが承認できません。つまりは、ハッキングされる可能性が減り、安全にアカウントを保管できるというわけです。

この新機能は、Androidが最近FIDO2およびWebAuth認定を取得したことによるものです。このテクノロジーの仕組みについては、こちらの記事をご覧ください。

ひとことで言うと、Android端末がChromeと通信し、あなたの身元とサインインしようとしているウェブサイトの合法性を同時に検証してくれるテクノロジーです。2台のデバイスを使って、下記2点がチェックされます。

・サインインしようとしているデバイスとあなたが同じ場所にいること(Bluetoothおよび位置情報を使用)
・ログインしようとしているサイトが安全で認証済みであること(パスワードをフィッシングしようとしているニセのログインページでないこと)

1/2ページ

最終更新:5/13(月) 22:10
ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事