ここから本文です

次男が60才で結婚!「新しい法定相続人」に遺言書の効力は?

5/13(月) 8:00配信

幻冬舎ゴールドオンライン

争いが絶えないことから「争族」と揶揄される「相続問題」。当事者にならぬよう、相続対策は万全にしておく必要があります。本連載では、一般社団法人日本相続戦略アドバイザリー協会の代表理事である牛田雅志税理士が実際に目にしたという「争族」のエピソードから、相続トラブル解決のヒントを探っていきます。

最終的に孫が相続できるよう「遺言書」を作成したが…

自身の財産であれば、好き勝手に配偶者や子どもたちに相続させることが可能ですが、配偶者や子どもたちの相続までは自分の思い通りにいきません。もちろん、遺言で配偶者や子どもたちに向けて、こうして欲しいと要望することや遺言書を同時に書いてもらうことも可能ですが、拘束力があるわけではありません。

今回のエピソードは、高齢で未婚だった相続人の結婚によって、その法定相続人が変わったことが、家族の崩壊を招いた悲劇を紹介します。高齢結婚がなぜ悲劇のキッカケになったのかを紐解くと同時に、最適な分割方法はどうあるべきかについても考えていきます。

鎌倉に住む田中さん(仮名)は両親、本人、次男の4人家族でした。独立後、田中さんは妻と子ども2人で横浜に住み、母親が亡くなったあと、未婚の次男は父親と同居していました。父親は、自宅の他に賃貸マンションを2棟所有しており、長男と次男に1棟ずつ相続してもらいたいと思っています。

父親は、ある日、長男と次男に向けてこういいました。

「そろそろ私も歳なので、遺産分割のことを話しておくよ。2棟ある賃貸マンションは、一棟ずつお前たちで分けて欲しい。そして、今住んでいる自宅はそのまま次男に相続してもらいたい。ただし、ひとつだけ条件がある。

次男が相続する自宅と賃貸マンションだが、次男の相続時に長男が生きていれば長男に、もし長男が死んでいたらその子どもに相続させるよう遺言書を書いてもらいたい。それを了承してもらえるかな?」

父親は、未婚である次男の生活保障を考慮に入れつつ、自身の財産は最終的に孫たちに継いでもらいたいと考えていました。次男はこういいました。

「お父さん、僕の生活のことまで考えてくれてありがとう。兄さんがよければ、その条件で遺言書を書くよ。僕はもう50才を超え還暦も近いし結婚することはないと思う。遺す家族もいないから甥っ子たちに相続できるよう手続きするよ」

田中さんは「お父さんの意思であれば僕も従うよ。最終的に僕の子どもたちに財産が相続できるなら問題ないよ」と賛成しました。

父親と次男は早速、公正証書遺言書を作成しました。2年後父親は亡くなりましたが、長男と次男は揉めることなく遺言書通りに財産を相続しました。

1/2ページ

最終更新:5/13(月) 8:00
幻冬舎ゴールドオンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

富裕層・企業オーナー必読!「知識武装し、行動する」ためのWEBメディア。「資産防衛」に関する最新情報とノウハウを配信!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事