ここから本文です

ブライアン・アダムスが語るエド・シーランやテイラーとの邂逅、武道館にまつわる思い出

5/13(月) 18:10配信

Rolling Stone Japan

昨年8月のテイラー・スウィフトとのステージ共演に続いて、最新アルバム『シャイン・ア・ライト』ではエド・シーランと共作、ジェニファー・ロペスと共演を繰り広げたブライアン・アダムス。約3年半ぶり、通算14作目となるそのアルバムには、ポップとロックとR&Bがほどよくブレンドされたメロディックなサウンドが展開される。幾つになっても青春真っ只中といった印象のカナダ人ロッカーに、若手ミュージシャンとのコラボや変化する音楽シーンについて語ってもらった。

もっと写真を見る|ブライアン・アダムスが語るエド・シーランやテイラーとの邂逅、武道館にまつわる想い出

ーアルバム『シャイン・ア・ライト』にはエモーショナルなロックもあれば、ポップスもあり、R&Bもあり、あなたの40年のキャリアを包括する印象です。アルバムには明確なテーマがあったのですか?

明確なテーマがあったわけじゃないけれど、「シャイン・ア・ライト」のような前向きな歌が世の中に必要だって強く思うんだ。この曲のアイデアが生まれたのは、僕の両親ふたりが入院している時期だった。幸いにも母親は健在だが、父親は亡くなった。何か形にして、ふたりを前向きに送り出せるようにしたかったんだ。

ー前作『ゲット・アップ』を引っさげたワールド・ツアーは大盛況、2017年1月のジャパン・ツアーには「ブライアンの来日公演史上No.1」の呼び声も高かったです。前作や、あのワールド・ツアーが新作に与えた影響とは?

そうだね、前作が歓迎されたとすれば嬉しいし、実際そうだった。だけど僕が作るアルバムはどれも、あくまでも何年かのスパンの間に生み出せた最高の曲を集めたもの。今年もまたスタジオに入って、別のアルバムをレコーディングする予定だよ。今から楽しみにしてるんだ。

ータイトル曲「シャイン・ア・ライト」でのエド・シーランとの共作には驚きました。ブライアンから声を掛けたのですか? 具体的な経緯を教えてもらえますか。

エドとはダブリンで出会ってからEメールでやりとりを続けていた。で、僕が「シャイン・ア・ライト」のアイデアを送って、コラボレーションしたいかどうかを彼に尋ねたら、すごく気に入ってくれたようだった。そのあと数週間にわたって曲のアイデアを互いに送り合ったよ。それがこうして曲となって完成。Eメールって便利だよね。

ーその共演曲のミキシングは、エドの一連の作品を手がけるマイク”スパイク”ステントに任せていますよね。

うん、僕からエドにスパイクを紹介してくれと頼んだんだんだ。彼がミキシングでどんなふうに手を加えるのかも興味があった。スパイクは素晴らしい仕事をしてくれたよ。

ーエドはブライアンの「アイ・ドゥ・イット・フォー・ユー」旋風が巻き起こった1991年生まれ。59歳と28歳と親子以上も離れていますが。

そうだね、ミュージシャンなら異なる時代に生まれた相手と一緒にやれるものだよ。それに僕は1984年にティナ・ターナーと共演しているからね。他の人と一緒に歌うのは、いつも楽しいよ。

1/3ページ

最終更新:5/13(月) 18:10
Rolling Stone Japan

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Rolling Stone Japan vol.06

CCCミュージックラボ

vol.06
2019年3月25日発売

1000円(税抜)

特集:HYDE
ヒプノシスマイク
モーニング娘。’19 ライブの舞台裏
特集「今のポップシーン」の主役たち

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事