ここから本文です

スタークローラー、「内面に潜むオジー」を表現した新曲のMVを解禁

5/13(月) 23:30配信

Rolling Stone Japan

LAの4人組ロック・バンド=スタークローラーが、2月にリリースした新曲「She Gets Around」のミュージックビデオを公開。1月に公開された「Hollywood Ending」と同様に、ダニー・トレホの息子にして俳優でもある映像作家のギルバート・トレホが監督を努めている。

映像はこちら|スタークローラー、「内面に潜むオジー」を表現した新曲のMVを解禁

ニルヴァーナやL7といった90年代のグランジを彷彿とさせる一方、スタークローラー特有の独特な気力と凶暴性も披露されている同楽曲のMVでは、バンドのフロントウーマンであるアロウ・デ・ワイルドが、彼女の内面に潜むオジー・オズボーンをぶら下がった天使で表現しているという。私生活では恋人同士でもあるアロウ&ギルバートによると、同曲の中心にあるテーマは「誰かへの信頼を失うこと」で、彼らはこう続ける。「実際にはみんなが天使だって訳じゃない。自分たちが前に進むには、時々その甘すぎるイメージを壊していかないとならないわけ」。

スタークローラーは2018年1月、デビュー作『Starcrawler』を40年近い歴史を持つUKを代表する老舗レーベル、ラフ・トレードからリリースした。アルバムは世界中で大きな話題となり、ここ日本でも期待の新人として注目の的となった。日本では初のジャパン・ツアーが全てソールド・アウトとなり、フジロックにも出演。アーティストからも圧倒的な支持を受けており、ロンドンではフー・ファイターズの前座を務め、サンディエゴではモリッシーの前座を務めた。

また、バンドは先にラモーンズの1989年のシングル「Pet Sematary」のカバー曲を公開している。同曲は4月に海外で公開されたスティーヴン・キング原作の映画『ペット・セメタリー』のリメイク版に提供。ますます注目度を高める彼らだが、今後はベック、ケイジ・ジ・エレファント、スプーン、ザ・ディスティラーズとのツアーも予定されている。

<リリース情報>

Starcrawler
「She Gets Around」
配信中

Starcrawler
「Pet Sematary」
配信中

Rolling Stone Japan 編集部

最終更新:5/13(月) 23:30
Rolling Stone Japan

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Rolling Stone Japan vol.06

CCCミュージックラボ

vol.06
2019年3月25日発売

1000円(税抜)

特集:HYDE
ヒプノシスマイク
モーニング娘。’19 ライブの舞台裏
特集「今のポップシーン」の主役たち

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事