ここから本文です

「文句のつけようがない!」堂安律のビューティフルゴールを現地紙絶賛、サポーターも「何度でも見たい」

5/13(月) 16:54配信

SOCCER DIGEST Web

今季5ゴール目をホーム最終節で決める

 20歳の日本人MFが決めた今年初のゴールは、目の覚めるようなミドルシュートだった。

【ハイライト】サポーターも驚愕!! 堂安の25m超のゴラッソはこちら!

 現地時間5月12日に行なわれた第33節、フローニンヘン対フォルトゥナ・シッタルト戦に先発した堂安律は、“ゴラッソ”で3-0の勝利に貢献した。

 堂安にとっては、18年12月に行なわれた公式戦以来、約5か月ぶりのゴールだ。1点をリードして迎えた53分、ペナルティーエリア外、約25メートルの距離から放たれた鮮やかなミドルシュートがゴールに吸い込まれると、スタジアムに訪れたサポーターは総立ちになって大歓声をあげた。

 フローニンヘンは、後半アディショナルタイムにも1点を追加し、今シーズン最後のホームゲームを快勝で締めくくった。

 オランダの全国紙『Algemeen Dagblad』はこの試合のマンオブ・ザ・マッチに堂安を選出。「文句のつけようのないビューティフルゴール。そしてこのゴールで引き寄せた勝利で、ヨーロッパリーグ(EL)出場への望みを繋いだ」と試合の流れを一気に引き寄せたエースの活躍を絶賛している。

 地元TV局『RTV Noord』も「フローニンヘンはホーム最終戦で素晴らしい仕事をした。この試合のハイライトは堂安のゴール。25メートルをぶち抜くミドルシュートは、GKの頭上を越えてゴールに入った」と称賛した。

 さらに現地サポーターは、勝利を報告するクラブ公式SNSに対して「ドウアンの何度でも見たいゴール」、「美しかった」、「ブリリアント!」と興奮の声を寄せている。

 この勝利によってフローニンヘンはリーグ8位に浮上。7位のヘラクレスと勝点3ポイント差に迫り、EL出場権を懸けてリーグ4~7位のチームで行なわれるプレーオフ進出にも望みを残した。

 エールディビジ最終節は、現地時間5月15日に全試合が行なわれる。フローニンヘンはアウェーでエメンと対戦。ヘラクレスは、わずかながら優勝の可能性が残っているPSVとアウェーで対戦する。

 堂安は再びチームを勝利に導き、ELへの切符を懸けたプレーオフへの挑戦権を手にすることができるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:5/13(月) 17:22
SOCCER DIGEST Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事