ここから本文です

新スタジアムが開く、トッテナムの「野心的な未来」【ワールドサッカーダイジェストのザ・ジャーナリスティック】

5/13(月) 21:49配信 有料

SOCCER DIGEST Web

収容人数が6万人を超える大型でも“無機質な箱”では

ピッチとスタンドが近い伝統的なスタイルを保ち、ホーム側のゴール裏スタンド通称「白い壁」はこの迫力。CL準々決勝では、マンCを呑み込んだ。(C)Getty Images

 当初の予定から半年以上遅れて、ついにトッテナムの新本拠地が完成した。増収を約束する最新鋭の大型スタジアムとともに野心的な未来へと踏み出したクラブは、名実ともに「ビッグ6」の座へとのし上がって行けるのか。(文:オリバー・ケイ・訳:井川洋一 2019年5月2日発売ワールドサッカーダイジェスト『ザ・ジャーナリスティック イングランド』を転載)

―――◆―――◆―――

 マウリシオ・ポチェティーノ監督は思わず泣き出しそうになったと言う。クラブの描く未来のビジョンがついに形になったのだと、万感胸に迫るものがあったそうだ。豊かな歴史に彩られた本拠地ホワイト・ハート・レーンを取り壊し、10億ポンド(約1450億円)という巨費を投じたトッテナム・ホットスパーの新スタジアムがようやく落成を迎え、そのタッチラインに立った瞬間の気持ちを、ポチェティーノはそう言い表わした。

 その新しいホー 本文:4,908文字 写真:2枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:5/13(月) 21:50
SOCCER DIGEST Web

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る