ここから本文です

プーチンと金正恩、初の首脳会談が持つ意味

5/13(月) 6:00配信

東洋経済オンライン

 ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は遅刻の常習犯として知られる。時間を守るという感覚がそもそも薄いのではないかと思う。すでに離婚したが、リュドミラ前夫人との結婚式にも大幅に遅刻して、前夫人は「泣きそうになった」と告白している。また相手を焦らせて、いら立たせて、自分の土俵に引き込むという心理戦の側面もあるだろう。ただ、プーチン大統領は会談前に相手のことを熟知したいという気持ちが強く、入念に準備するため、会談が延び延びになるのだと弁護する人もいる。

 4月25日に行われた北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長との初の首脳会談でも、双方の虚々実々の駆け引きがあった。

 金委員長が特別列車でロシアに入ったのは4月24日。国境の町ハサンで出迎えたのはロシア政府の儀典責任者とコズロフ極東発展大臣、コジャメコ沿海地方知事そしてアジア担当のモルグロフ外務次官だった。国境の町ハサンで休息するのは祖父以来の伝統となっており、金委員長はウラジオストク入りを前にその伝統に従った。ハサンでの歓迎はハサン駅と住民が手作りで迎えたささやかだが心のこもったものだった。

 取材を許されたのはロシア大統領府肝いりの番組「モスクワ、クレムリン、プーチン」の記者。クレムリンが北朝鮮側に話をつけて取材が許されたのであろう。首脳会談の舞台裏を売りとする番組の取材方法はむしろバラエティー番組に近く攻撃的だ。地元住民の準備の様子や北朝鮮御一行の、ロシアから見れば奇妙な様子を面白おかしく伝えている。

 金委員長はぶら下がりインタビューの先例も受けた。「温かい気持ちでロシアを訪問した。プーチン大統領との会談では朝鮮半島情勢の正常化と2国間の発展について話し合いたい」。映像で見る限り、ロシア側SPの制止にも関わらずアポなしで質問を投げかけ、金委員長が快く応じている。ロシアのメディアは気さくに冗談を飛ばす金委員長の姿を好意的に伝えている。

1/5ページ

最終更新:5/13(月) 6:00
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事