ここから本文です

ソン・フンミンがトッテナム年間最優秀選手に! クラブ個人賞を独占

5/13(月) 13:05配信

フットボールチャンネル

 トッテナムに所属する韓国代表FWソン・フンミンが、同クラブの今季年間最優秀選手に選出された。クラブ公式サイトで発表が行われている。

【写真特集】韓国が熱狂した日韓W杯の記憶。今なお語り継がれる栄光と汚点

 ソン・フンミンは「ワン・ホットスパー年間最優秀選手」「ワン・ホットスパー・ジュニア年間最優秀選手」「公式サポータークラブ年間最優秀選手」の3つの年間MVP賞を受賞。さらに年間ベストゴールにも選ばれ、今季のクラブ年間個人賞を独占した。

 年間ベストゴールに選ばれたのは昨年11月24日に行われたプレミアリーグ第13節のチェルシー戦で54分に記録したゴール。ハーフウェイライン付近の右サイドでボールを受け、守備陣を振り切って一人でエリア内まで持ち込んで左足で決めたゴールだった。

 ボーンマス戦で相手選手を押し倒して退場となり、3試合の出場停止処分を受けたソン・フンミンは、12日に行われたプレミアリーグ最終節のエバートン戦には出場できず。だが試合後にはピッチに姿を見せ、個人賞のトロフィーを授与された。

 チャンピオンズリーグ決勝を残した現時点で、ソン・フンミンは今季トッテナムの公式戦47試合に出場して20ゴールを記録。アジア大会とアジアカップ出場のため2度にわたってチームを離れながらも、今季スパーズの好成績に大きく貢献する活躍を見せてきた。

 だがトッテナムサポーターの間では、中盤で奮闘したMFムサ・シソコが年間MVPに選ばれるべきだったという声もあるようだ。英メディア『HITC』は、ソン・フンミンの活躍を評価しながらもシソコが受賞すべきだったと訴えるSNS上のファンの声を伝えている。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:5/13(月) 13:05
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事