ここから本文です

香港発下着&水着の2020-21年秋冬Part1 素材のトレンドは“サステナ&循環型”

5/13(月) 18:00配信

WWD JAPAN.com

香港のカイタッククルーズでこのほど、下着・水着・スポーツウエアの素材展「アンテルフィリエール(INTERFILIERE)香港」が開催され、約1600人が来場した。主催は「パリ国際ランジェリー展(SALON INTERNATIONAL DE LA LINGERIE)」「アンテルフィリエール パリ」と同じユーロヴェット(EUROVET)。出展は60社あまりと決して多くはないが、2020-21年秋冬のトレンドをビジュアルで解説する「クリエイティブラボ」が設置され、トレンドや素材開発、流通戦略に関するセミナー、香港理工大学の学生たちによる華やかなランジェリーショーなど充実した内容だった。日本からは、旭化成アドバンス、北陸エステアールの2社が出展し、活発な商談が交わされていた。

【画像】香港発下着&水着の2020-21年秋冬Part1 素材のトレンドは“サステナ&循環型”

オーブニングスピーチで、マリー・ロール・ベロン(Marie-Laure Bellon)ユーロヴェット会長は「環境に配慮した持続可能なボディーファッション業界の実現に向けて革新を進める」と述べ、会場では“Sustainability(持続可能)”や“Circularity(循環)”といった言葉を頻繁に見聞きした。初日最初のセミナーのテーマは、国際的なサステイナビリティーのコンサルタント企業であるサポート(suPPPort)社による「未来の糸と生地」。現在のファッション産業が環境にどのような影響を与えているかに始まり、シルクタッチのオレンジファイバーやリンゴの皮から作られるビーガンレザーなどのエコフレンドリーな素材の紹介、リサイクル素材の取り組みなどが紹介され、旭化成のストレッチ素材「ロイカ(ROICA)」も循環型素材としてフィーチャーされていた。

"ユーロヴェットとインドネシアの下着業界が連携"

また今回、ユーロヴェットとインドネシアの下着業界が、ドイツ連邦経済開発協力省(BMZ)によって設立された新興国に投資する企業を支援する「develoPPP.deプログラム」に参加することを表明。これに伴い、今展にはインドネシア企業4社も出展しており、ユーロヴェットは今後、前述のsuPPPort社と連携してインドネシアの下着業界に対しさまざまなサポートをしていくという。会場では、同プログラムにどのように関わりどのように実行していくか、2020年までのタイムテーブルが具体的に説明された。このプロジェクトに代表されるように、“サステイナビリティー”や“循環型”に対する関心は大いに高まっている。しかし、日本からの出展者からは、日本国内のエコフレンドリー素材に対する注目度の低さを指摘する声も聞かれ、グローバルな流れと大きな温度差があることを実感した。

1/2ページ

最終更新:5/14(火) 11:23
WWD JAPAN.com

記事提供社からのご案内(外部サイト)

WWD ジャパン

INFASパブリケーションズ

2088号
2019年6月17日発売

定価500円(税込み)

2019-20年秋冬リアルトレンド UAやユニクロなど有力45業態の新作商品を紹介

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事