ここから本文です

暗い玄関にアジサイを飾るのはNG? 理想的な置き場とは

5/13(月) 8:00配信

NHKテキストビュー

この時期に入手したアジサイの鉢植え、どのように育てたらよいでしょうか? 雰囲気を明るくするために暗い玄関に飾っても大丈夫? 神奈川県農業技術センターの富田 裕明(とみた・ひろあき)さんに、アジサイの置き場について教えてもらいました。



* * *


■室内では明るい窓辺に。1週間が限度


「玄関に飾って楽しむ」ことは間違いではありません。でも、アジサイは、戸外で育てる「花木」です。室内観賞は家に迎え入れてから1週間を限度にしましょう。



また、プレゼントされた鉢は、ラッピングをしたままでは風通しが悪くなるので、ペーパーやフィルムなどは外してください。


■1年目は直射日光を避けて


市販の開花鉢は温室育ち。いきなり強い日ざしを受けると、葉が日焼けを起こす場合があります。そのため、1年目は直射日光が当たらない場所での管理がおすすめです。



直射日光を避けるとはいえ、一日中薄暗いところはNG。木陰や軒下など、明るい日陰で育てましょう。室内観賞後に戸外へ出すときは曇りの日を選び、少しずつ外の環境に慣らしてください。

 
■2年目以降は日なたで育てましょう


アジサイは梅雨どきに咲くので、日陰の花のイメージがあるかもしれません。でも、基本的には日なたを好む植物です。



2年目は環境にも慣れているので、日当たりのよいところで管理しましょう。真夏以外は、直射日光が当たってもOKです。



■『NHK趣味の園芸』2019年5月号より

NHK出版

最終更新:5/13(月) 8:01
NHKテキストビュー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

NHKテキストビュー

NHK出版

NHKテレビ・ラジオ番組の
各種テキスト 好評発売中!

料理・健康から生活情報まで、暮らしに役立つ
確かな情報満載のNHKテキストから、
選りすぐりのトピックスをお届けする情報サイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事