ここから本文です

中日・三ツ俣大樹 好プレーは地道な練習から/守備職人のプライド

5/14(火) 12:02配信

週刊ベースボールONLINE

鮮やかなバックトスが技術の高さを物語っていた。4月10日の巨人戦(ナゴヤドーム)。今季初めてスタメン出場した三ツ俣大樹は2回、間一髪のタイミングだったにもかかわらず、難しいプレーをさらりとやってのけ4-6-3の高速併殺プレーを完成させた。

昨年は一軍出場ゼロ。今季も開幕一軍を逃した。しかし、守備力は一軍でも十分通用するレベル。ウイークポイントだった打撃も向上し、4月9日に今季初昇格を果たした。もともと「バッティングの自信はなく、守備で頑張っていきたいと思っていた」ほど。その分、守りには自信を持っていた。

その土台は徹底した基礎練習で培った。オリックス入団直後、二軍でこれでもかというほど、地道な練習に汗水流した。股割りに始まり、正面のゴロ捕球……。おろそかになりがちな練習を、時に顔をゆがめながら徹底的に行うことで、技術を磨いていった。

修徳高時代は投手兼遊撃手。エースだったことからも分かるが、本業は投手だった。「ピッチャーだったから、高校時代はあこがれの野手はいなかった」。プロに入ると、高い野球センスを買われ、野手として生きていくことになった。

守る際に、何よりも重要視することは「球際の強さ」だという。「ゲームになれば、どんな状況であっても、ピッチャーが打ち取った当たりはアウトにしないといけない」と口元を引き締める。二塁、遊撃はもとより、三塁守備もこなせる。チームにとって、本当に貴重な存在だ。

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:5/14(火) 12:02
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事