ここから本文です

人手不足が深刻ないま、建設業界は“ロボット革命”を求めている

5/14(火) 8:30配信

WIRED.jp

未来の働き方について語り合うとき、テクノロジーは悪者扱いされがちだ。最近のある調査によると、米国で今後10年以内に自動化が見込まれる「ハイリスク」な職種は、全体の38パーセントにのぼる。建設業界では特に厳しい状況が予想され、ロボットがらみで職を失う人の割合は英国の24パーセントに始まり、ドイツに至っては41パーセントにもなると推定されている。

【動画】“ロボット犬”が、東京の建設現場で働き始めた

自動化は間違いなく、これからの働き方を変えていくだろう。だが一部には、変わるべきタイミングを逸し続けている業界がある。その最たるものがAEC(建築・エンジニアリング・建設)業界だ。

世界のGDPのおよそ6パーセントに当たる10兆ドル(約1,115兆円)に迫る年間売上高を上げてはいるものの、AEC業界の収益性は高いとは言えない。大規模建設プロジェクトを完遂させるには、世界平均で計画を20パーセント上回る日数を要し、コストについては驚くべきことに予算を80パーセントも超過している。

個人住宅や集合住宅の建設、高速道路を含む道路や橋の建設、産業建築など、建設業界のほとんどの分野は過去数十年にわたって業績を伸ばしている。例えば2006年から16年までの産業建築における生産性は5.3パーセント向上している。それでも、もっと速いペースで生産性を上げ、建設業界全体の大幅な効率化を図ることはできたはずだ。

求められる建設工程の自動化

AEC業界の効率の悪さには多くの原因がある。例えば、他業界に比べ設備投資が少ないこと、危険な現場での作業が多いこと、プロジェクトの複雑さ、財政的な理由による作業の中断、透明性の欠如、汚職行為などだ。

しかし、とりわけ大きな問題は腕のある働き手が不足していることにある。米国契約業者協会が17年に実施した調査によると、米国の建設業者の70パーセントが熟練作業員の採用に懸命に取り組んでいる。26年までに業界の人手不足による雇用ニーズが12パーセント増加する見込みだからだ。

単純に考えて、建設工程の自動化こそが最高の建築技術であり、ビジネスのやり方としても賢明といえるだろう。

建設用ロボット工学の研究は数十年前に始まった。80年代に日本で起きた建設ブームのころを例にとると、労働者不足に苦慮する業界団体が自動化システム構築への投資を始めた。しかし、当時のコンピューター技術が未熟だったこともあり、この取り組みは頓挫した。

そのころに比べて技術は大幅に向上したが、業界に進歩は見られない。世界的な大手建設会社のなかにも、サプライチェーンにおける発注や設計図の管理から、従業員の勤怠や給与の記録にいたるまで、あらゆる作業をいまだに紙ベースで実施しているところがある。

1/3ページ

最終更新:5/14(火) 8:30
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事