ここから本文です

よりスポーティなデザインとするほか17馬力アップ! アウディのプレミアムコンパクト「TTシリーズ」が改良

5/14(火) 16:00配信

WEB CARTOP

標準モデルにS lineエクステリアデザインを採用!

 アウディジャパンは2019年4月24日、プレミアムコンパクトスポーツ「Audi TT」シリーズの商品改良を行った。「Audi TT Coupe 40 TFSI」は5月9日から、その他の3モデルは6月10日から全国のアウディ正規ディーラーを通じて発売する。

ドライバーをスリムで小顔に見せるアウディ車!

 アウディTTは1998年に1世代目が登場して以来、3世代にわたって進化を続けるプレミアムコンパクトスポーツモデル。初代シリーズが国内に導入されてから20年が経過し、アウディのアイコン的存在として個性を放つエクステリアデザインをよりスポーティに進化させた。

 今回、日本市場に投入するのはFFエントリーモデルのTTクーペ40 TFSI、TTクーペ45TFS quattro、TT Roadster45TFSI quattro、TTSクーペの4モデル。

 TTクーペ40 TFSIはエンジンパワーを強化し、最高出力は従来比17馬力増の197馬力、最大トルクは70N・mアップの320N・mとエンジンパフォーマンスを大幅に向上した。

 また、スタンダードモデルにS lineエクステリアのデザインを取り入れ、バンパーやサイドスカート、リヤディフューザーのデザインを変更した。

 さらにTTSクーペとオプションのS lineパッケージ装着車も、バンパーやサイドスカート、リアディフューザーのデザインを一新した。シングルフレームグリルも変更し、S lineパッケージにはグロスブラックペイントの立体的な3Dハニカムメッシュグリルを採用、TTSクーペには専用のアルミルックインサート付きマットブラックペイント仕様を施している。

 インテリアは従来S lineパッケージのみに設定されていた「エクステンデッドアルミニウムルックインテリア(ウインドウスイッチ/ペダル)」を、オプションのスタイルパッケージ(40 TFSI)やコンフォートパッケージ(45 TFSI quattro)に新設定。レザーパッケージには、ドアアームレストやセンターコンソールに同色となるカラーエクステンデッドレザーを新採用した。

 ほかにも、S lineパッケージ装着車のシートをSスポーツシートに変更。表皮素材はアルカンターラとレザーを組み合わせ、ダイヤモンドステッチを配してスポーティさとプレミアム感を大幅に高めている。

 ボディカラーはS lineパッケージとTTSクーペ専用のターボブルー、パルスオレンジ、コスモブルーメタリックの3色を追加設定した。

 価格はTTクーペ40 TFSIが税込み479万円、TTクーペ45 TFSI quattroが 599万円、TTロードスター45 TFSI quattroが615万円、 TTSクーペが799万円。

 また、TT20周年を記念した世界で限定999台の「Audi TT 20years」を6月10日に発売する。日本では20台のみの限定販売となる。

 こちらはTTクーペ45 TFSI quattroをベースに、初代TTを彷彿とさせるモカシンブラウンにイエローコントラストステッチを施したレザーインテリアを組み合わせた。ほかにも、コンフォートパッケージやB&Oサウンドシステム、マトリクスLEDヘッドライト、マグネティックライドなどを標準装備した。また、エクステリアにはガンメタルエフェクトペイントの専用19インチホイールを装着している。

 ステアリングホイールとシフトノブには20周年記念のエンブレムを配し、エンジンスタートボタンの脇にはシリアルナンバーを刻印したバッジを備える。ボディカラーは専用色のアローグレーPEのみで、価格は税込み759万円。

WEB CARTOP

最終更新:5/14(火) 16:00
WEB CARTOP

記事提供社からのご案内(外部サイト)

クルマの「知りたい」を完全網羅
新車試乗・最新技術・お役立ち情報 etc……
すべてがわかる自動車メディアの決定版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事