ここから本文です

『なつぞら』草刈正雄演じる泰樹のあまりに厳しい一言 “自分勝手”ななつは家族とどう向き合う?

5/14(火) 12:41配信

リアルサウンド

「お前の顔はもう二度と見たくない」

 泰樹(草刈正雄)がなつ(広瀬すず)に放った言葉はあまりにも厳しいものだった。ただ、彼の性分を考えれば、あるいはこれが泰樹としての精一杯の表現だったのかもしれない。

【場面写真】なつ(広瀬すず)を助けた砂良(北乃きい)

 「なつが本当に望むことなら誰も反対はしない。じいちゃんだって本当はそうなんだ」とは後に剛男(藤木直人)が言ったことであるが、きっとその通りであろう。なつには自分の人生をしっかりと謳歌してほしい、泰樹なら心の奥底ではそう思っているはずなのだ。なつとしては、農業高校まで通わせてもらったとして、今すぐに柴田家を出るというわけにはいかないという様子だった。しかし、泰樹からしてみればそんな“気づかい”は、むしろ彼にとって、何とも言えない苛立ちを生む原因になっていたのだろう。

 その後なつは「申し訳なくていられない」という理由で、柴田家を出ていこうと荷物をまとめようとするのだった。ところが、そんな「申し訳ない」という思いを抱えているなつに、富士子(松嶋菜々子)はビンタをする。

「申し訳ないなんて言われるくらいなら憎まれたほうが、よっぽどましだわ。一人で苦しみたいなら、家族はいらないっしょ」

 “気づかい”とか、“申し訳なさ”というのはストレートには届かないことがある。一方が良かれと思っていても、それを受け止める側は「そんなことしなくていいのに」と思うことだってある。なつだって今では柴田家を、彼女にとっての“家族”として認識しているところはあるだろう。

 お世話になった分はしっかりと返さなきゃいけない、感謝しなきゃいけないとも思っているし、だからこそ、必要以上に迷惑をかけてはいけないとも思っている。しかし、その“迷惑をかけてはいけない”という思いが、ときに家族が期待していないものにつながることもあるのだろう。

 それは夕見子(福地桃子)の言葉を借りれば「自分勝手」なのかもしれない。ただ、いずれにせよ、ナレーションの最後にあったように、まだなつには泰樹たちに伝えていない「肝心なこと」がある。その「肝心なこと」をなつがどう伝え、どう泰樹たちと向き合っていくのか、まだまだ目を離せない。

國重駿平

最終更新:5/14(火) 12:41
リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

リアルサウンド

株式会社blueprint

音楽と映画を対象とする総合カルチャーサイトです。各ジャンルのニュースから、第一線のライターによる作品レビュー、業界分析記事まで、多彩な記事をお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事