ここから本文です

【MLB】大谷翔平、待望1号の“美しきフォロースルー”の1枚にファン感嘆 「このスイングだ」

5/14(火) 10:27配信

THE ANSWER

大谷のスイング後の姿に脚光

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手が13日(日本時間14日)の敵地ツインズ戦に「3番・DH」で先発。3回の第2打席で待望の今季1号が飛び出した。手術からの復帰6戦目での一発は429フィート(約131メートル)の特大弾だった。エンゼルスは公式SNSで大谷の美しいフォロースルーの瞬間を画像で公開。お手本のような姿に、ファンからは「グッドスイング」「このスイングだ」などと見とれている。

【画像】「このスイングだ」! 米ファンが感嘆、エンゼルスが公開した大谷の“美しきフォロースルー”の実際の姿

 待ち望んでいた瞬間だ。1点を追う3回、無死三塁で大谷の第2打席。3ボール1ストライクからの5球目。右腕・ベリオスの真ん中付近の93マイル(約150キロ)のファストボールを完璧に捉えた。打球は中堅バックスクリーン左に飛び込む特大の逆転2ランだ。

 エンゼルスは大谷の美しいフォロースルーにフォーカス。公式インスタグラムには大谷がバットを振り抜き、打球を方向を見上げる実際の瞬間を画像で公開。しっかりと後ろ足に体重が残っていることがわかる1枚だ。

 画像を目の当たりにしたファンも拍手で称えている。

「グッドスイング」
「このスイングだ」
「投げられないってのは本当なのか?(笑)」
「オオタニサン!」
「彼が戻ってきた」

 メジャー1年目は出場2試合目で1号を放ってから、3試合連続でアーチをかけた。エンジンがかかれば止まらない背番号17のバットにはますます注目が集まりそうだ。

THE ANSWER編集部

最終更新:8/3(土) 1:37
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事