ここから本文です

コーヒー店値上げに見る「令和ショック」の前兆

5/14(火) 5:40配信

東洋経済オンライン

 いよいよ令和時代が始まった。10連休の真っ最中に幕を開けた元年は、旅行やら近隣レジャーやら買い物やらで、気前よくお金を使った人も多いことだろう。

 御代替わりの祝賀ムードを当て込んだ改元商戦は当分続くだろうが、とはいえ大型連休で散財した反動はボディーブローのように財布に効いてくるに違いない。夏のボーナスシーズンまでは引き締めモードに切り替わる家庭は多いだろう。そして、夏休みを過ぎればいよいよ迫ってくるのは10%への消費増税だ。政府の気が変わらない限り、令和元年の最大の経済トピックは増税なのだ。

 個人的には、せっかく今年しか打ち出せない元年記念グッズやらサービスやらができるのだから、それに水をかけるような増税はもったいないと思うが仕方ない。今年は、我々の財布を直撃する要注意トラップが目白押しだ。防御の姿勢をとるためにも、しっかり知っておこう。

■コーヒーチェーンは値上げラッシュ

 まず、今年の大きな動きはズバリ「値上げ」である。目立つところではビジネスパーソンが日ごろお世話になっているコーヒーチェーンで、早くも値上げが相次いでいる。

 2019年2月には、スターバックスがドリップコーヒーなど定番商品の価格を10円から20円程度引き上げる改定をした。ショートサイズの「ドリップコーヒー」は280円が290円へと10円上がり、しかも税抜き価格のため、消費増税となればさらにアップする。

 スタバの値上げニュースを聞いた際、税込み価格でメニュー表示をしていた他チェーンの出方が気になった。増税前に値上げがあるのではと危惧していたところ、その予感は的中してしまう。

 ドトールコーヒーは、4月11日から一部商品の価格を改定した。カフェラテ・アイスカフェラテが250円から270円へ、ロイヤルミルクティーが280円から300円へ、ココアが320円から330円へ(※すべてSサイズ)と、10~20円のアップ。

 ただし、今回は値上げの理由を牛乳生産コスト上昇の影響としているため、ブレンドコーヒーなどは含まれていない。しかし、現在220円のブレンドと270円のカフェラテではあまりに差がつくため、引き続き動向を注視したい。

1/4ページ

最終更新:5/14(火) 5:40
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事