ここから本文です

55年前と来年「東京五輪」を2回取材 89歳現役“格闘技記者”の凄すぎる取材歴

5/14(火) 7:00配信

デイリー新潮

 4月29日「昭和の日」、日本武道館で体重無差別で「真の日本一」を決める全日本柔道選手権大会が開催され、決勝でウルフ・アロン(23)が加藤博剛(33)を破り初優勝した。100キロ以下級の2人が、並みいる巨漢を支え釣り込み足や巴投げなど多彩な技で翻弄して勝ち上がったのは見事だったが、最重量クラスの本命、王子谷剛志(26)や原沢久喜(26)は不甲斐なかった。(取材・文/粟野仁雄 ジャーナリスト)

 この大会の3回戦で、71年間の大会史上初の出来事があった。トーナメントなのに佐藤和哉(24)と熊代祐輔(30)が、消極姿勢から3回の指導を受けて両者反則負けで消えた。

「立派な判断。日本の審判レベルが国際的にも上がったことを証明した」と褒めるのは、元日刊スポーツ記者で拓殖大学の宮澤正幸客員教授、89歳だ。

「この判定で逆に思い出したのが、初めて全日本を見た1949年の第2回大会」と話す。伝説の柔道家・木村政彦(1917~1993)と石川隆彦(1917~2008)が、激戦の末、両者引き分け優勝となった。主審は「柔道の神様」三船久蔵・十段(1883~1965)。「木村が押していた。大会後、雑誌『柔道』は嘉納治五郎(1860~1938)が言ったという“天に二つの太陽はない”を引用して判定を批判したのです。『柔道』は講道館が発行しているのに神様を批判したのは立派」と懐かしがる。以来70年間、大会に通い続けるから仰天だ。

 専門は格闘技。特に相撲、柔道、レスリングだ。「柔道の第1回世界選手権(1956年)は蔵前国技館。夏井昇吉(1925~2006)と吉松義彦(1920~1988)の決勝で、夏井が優勝しアントン・ヘーシンク(1934~2010)が3位でした。主審が決める柔道にはジャッジペーパーなんてないけど、私はレスリング出身で学連の審判もしたから科学的審判が必要と感じ、これを取り入れようと決勝の2人が何度場外へ出たのかを数えました。ところがスポーツニッポンの岡部平太解説者(1891~1966)が同じことをしていてびっくりしましたね」。岡部は柔道九段。アメフトを日本に紹介した人物だ。

1/3ページ

最終更新:5/14(火) 9:53
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班による綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事