ここから本文です

野村克也が語る「監督の仕事」

5/15(水) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

『ON』のような愛称でスター選手を盛り上げよう

平成においてヤクルト、阪神、楽天で監督を務めた筆者が通算勝利で1位だった/写真=BBM

 いよいよ『令和野球』が始まった。『令和』の2文字にふさわしいのは、どんな野球だろう。相手を敬い、チームのためには自己犠牲を厭わない? まあ「レイ」の字は違うが、「礼儀正しい野球」も望ましい。

 ところが、だ。日本プロ野球界としては困ったことに、盛り上がる材料がない。まず、スーパースターがいないのだ。大谷翔平(エンゼルス)はメジャーに行ってしまった。長らく巨人中心でやってきた日本プロ野球界。今、巨人のスターといえば菅野智之、坂本勇人あたりか。だが、いかんせんこれでは弱過ぎる。ONのように、何かキャッチフレーズを作って、盛り上げなければならないのではないか。

 そういえば近年、プロ野球ファンの誰もから愛され、広く認知されるキャッチフレーズを見かけない。昭和の時代に、出尽くしてしまったのかな。

 坂本と四番・岡本和真で『本本(もともと)コンビ』? あるいは『本本(ポンポン)コンビ』か。『もともとコンビ』はなんだか打てなさそうだし、『ポンポンコンビ』ではポンポン、ポップフライを打ち上げる淡白な打線になりそうだ。もっとも、今の巨人の野球そのものが淡白だから、ちょうどいいのか。

 そもそも、一度クビにした人間を呼び戻して監督に据えるなど、巨人といいヤクルトといい、何を考えているのだろう。こんな前例、あったかな。5球団で監督を歴任した三原(三原脩)さんも、クビになった球団で再登板することはなかったはずだ。

 裏を返せば、それだけ人材不足ということ。例えば三原、水原茂、鶴岡一人の三大監督のあと、誰が監督になるか。あのころは将来の監督はこの人だろう、と予測ができた。つまり監督の“器”たる人物が、次々あとに控えていたということだ。ところが今は、その“器”を感じさせる人間がほとんどいない。

 何度も言うが巨人、ヤクルトに限らずどの球団も・・・ 本文:1,987文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込216
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:5/15(水) 10:17
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る