ここから本文です

小泉孝太郎の熱愛に意外な反応、交際報道6パターンの例外か

5/15(水) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 俳優・小泉孝太郎と女優・芦名星の熱愛が女性セブンにより報じられたが、このカップルに対してネット上では歓迎の声が多数上がっている。「美男美女!」やら「おめでたい!」といったコメントばかりで、これまでの芸能人同士の交際発覚とは雰囲気が異なっている。

【全身写真】愛犬を抱いた芦名星と小泉孝太郎のラブラブ姿

 長年ネットウオッチをし続けてきた編集者の中川淳一郎氏が指摘する。

「小泉孝太郎は不思議なほど叩かれない俳優です。別に、父・小泉純一郎氏が人気のあった政治家のため、ということではないですし、自民党支持者が彼を支持しているわけでもない。それなのに、ここまで好感度が高いというのは、2世議員になる道を選ばず、弟の進次郎さんに政治家の仕事は任せ、ご自身は俳優という茨の道を選んだからではないでしょうか。特に純一郎さんと関連付けられて論じられることもありませんし、あくまでも俳優・小泉孝太郎としての評価をされているように感じられます」

 同氏の分析によると、熱愛や「お泊り」報道があった場合、ネット上の反応は以下6パターンに分類されるのが通例だという。

【1】悲鳴型:イケメン若手俳優や清純派アイドルの場合
【2】激怒型:過去に不倫やら略奪愛をした人間の場合
【3】困惑型:あまりにも芸能人としての格差があったり、容姿に著しく差がある場合
【4】負け惜しみ型:剛力彩芽がZOZO前澤社長のように超絶金持ちと付き合う場合。一般人が「結局カネなんだな……」となる場合
【5】安心型:TOKIOの城島茂が代表だが、「リーダー、良かったよ、マジで……」的な場合
【6】しょうがない…型:長年の不倫関係にある高齢カップルに対して向けられる視線の場合

 そして、小泉についてはこれらに類さない【7】ともいえそうな「叩いちゃいけない」型だという。これは、中川氏によると「男と女、両方がドンピシャでハマる時しか発生しない」レアケースだというのだ。

 熱愛関連報道の場合は、その2人がいかにネット上で評価されているかの掛け算となり、ネットでの論調が決まるという。今回の小泉と芦名については、2人とも浮いた話がこれまでそれほどなく、40歳と35歳という結婚をするにあたっては、「酸いも甘いも噛みしめた結果選んだのかな」的な年齢だった。さらに、本業での実力も認められている点も見逃せないという。

 こうした要素が揃った結果、小泉・芦名カップルは新たな【7】「叩いちゃいけない」型になったという分析だ。

最終更新:5/15(水) 7:00
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ

あわせて読みたい