ここから本文です

猫は安全な室内飼育を… 外に出す際に気をつけるべきことは?

5/15(水) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 寄生虫には、ノミ・ダニ・シラミなど皮膚に寄生するものをはじめ、回虫・瓜実条虫など腸に寄生するもの、さらに暖かい時期になると蚊によって感染するフィラリア症などがある。

「これら寄生虫による病気は予防薬や駆虫薬によって対処できるため、屋外に出す場合は必ず使用しましょう」

 そして、家の外の環境を把握することも大切だ。交通量や野良猫の数が多かったり、大型機材がある工事現場などが近くにあるのは危険なので外に出すのはやめた方がいい。

「猫にとって外に出ることは運動不足の解消など、いい面もあります。その一方で事故や病気などのトラブルと隣り合わせ。家の中でも退屈せず過ごせる環境を用意してあげれば、無理に外に出そうとしなくても大丈夫です」

犬のようにリードを用いて猫に散歩をさせるのは難しいという。室内飼いの猫にとっては、外の世界は縄張り外のため警戒心が働いてしまうからだ。ストレス解消どころか恐怖を与えてしまうケースすらあるという。

 安全な家の中と比べ、外の世界は危険がいっぱい。愛猫の命を守るためにも猫の飼育は“完全室内飼育”を選択した方がいいのかもしれない。

※女性セブン2019年5月23日号

2/2ページ

最終更新:5/15(水) 16:00
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事