ここから本文です

子宮のなかで赤ちゃんはどう成長するのか。皮膚は?目は?妊娠週数別、胎児の成長見通し

5/15(水) 20:10配信

たまひよONLINE

現在妊娠中の人、その家族にとって一番気になるのがおなかの赤ちゃん。赤ちゃんにとってベストな環境である子宮。その中で、赤ちゃんがどのように成長していくか、妊娠経過に沿って詳しく見てみましょう。

【関連記事】調べてみました!出産予定日より「早い・遅い」に傾向ってあるの?

妊娠20~23週

妊娠23週末ごろの赤ちゃんの体重:約600g
胃や食道などの消化器がつくられている途中です。

●胃や腸などの消化器、腎臓や膀胱(ぼうこう)、泌尿器などがきちんと機能するように、つくられている最中です。
●骨は成長途中。関節はまだ出来上がっていません。
●少しずつ筋肉ができ始め、動きが大きくなってきて、ママは胎動を感じやすくなります。
●皮膚もまだ完成途中です。

妊娠24~27週

妊娠27週末ごろの赤ちゃんの体重:約1100g
皮膚が厚くなってきて
五感も発達してきます

●皮膚が少しずつ厚くなってきて、これまでは皮膚から血管が透き通って見えていたのが、以前よりも透き通って見えなくなります。
●目のレンズや視神経が完成に近づいてきます。
●聴覚も発達中。
●子宮の中で体の向きを変えて、動き回れるようになります。

妊娠28~31週

妊娠31週末ごろの赤ちゃんの体重:約1700g
聴覚は完成間近に!
呼吸の練習も活発です

●聴覚は完成に近づいています。
●心臓や肺はできていますが、まだその働きは不十分です。
●横隔膜の上下運動が盛んになり、呼吸の練習を始めています。
●この時期以前に生まれると、自力呼吸できないケースが多数。28週1000g以上であれば、生存率は高まります。

妊娠32~35週

妊娠35週末ごろの赤ちゃんの体重:約2400g
皮下脂肪がつき始め、
肺の機能が完成間近に!

●皮下脂肪がついて、体つきが赤ちゃんらしく、ふっくらしてきます。
●つめも指の先まで伸びてきます。
●肺やそのほかの機能も完成に近づきますが、正期産(せいきさん)(37週以降)前に外の世界に出てしまうと、呼吸器がうまく働かないなどのリスクがあります。

妊娠36~39週

妊娠39週末ごろの赤ちゃんの体重:約3000g
予定日まであと少し!
まだまだ成長途中です

●この1週間(36週)がとても大切な期間です。1日の違いで肺機能の成熟度に差が出ることも。正期産(せいきさん)は37週0日から41週6日までです。
●外の世界でも生きていけるように、内臓機能の働きが十分になってきます。
●皮膚は完成に近づき、皮下脂肪も十分に。

赤ちゃんは、お母さんのおなかの中で、ぐんぐん成長していきます。ただし、正期産に入る前、予定日よりも早く生まれてしまう場合もたくさんあります。必要以上に悩むことはありませんが、不安がある場合は産院に相談してみてください。(文/たまごクラブ編集部)


監修/聖マリアンナ医科大学 小児科学教室 新政治分野
病院教授 医学博士 北東 功先生
参考文献:2019年たまごクラブ3月号 予定日より生まれるのが早すぎると、どうなりますか? 企画

たまひよ ONLINE編集部

最終更新:5/15(水) 20:10
たまひよONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

たまごクラブ

株式会社ベネッセコーポレーション

毎月15日発売

妊娠・出産に戸惑うママたちの気がかりを解消し、毎月の妊娠生活を強力サポート。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事