ここから本文です

猫に話しかけるときは「赤ちゃん言葉」がいいって、ウソ?ホント?

5/15(水) 21:15配信

ねこのきもち WEB MAGAZINE

猫には「赤ちゃん言葉」で話しかけるのがいいというような話を聞いたことがありませんか?  でも、本当のところどうなのか……気になりますよね! そこで、ねこのきもち獣医師相談室の先生に真相を聞いてみました。

【関連記事】その優しさ…ダメなんです!猫にやってはいけないスキンシップ3選

猫に話しかけるときは「赤ちゃん言葉」がいいってホント?

ーー猫には赤ちゃん言葉で話しかけるといいと聞いたことがあるのですが、本当なのでしょうか? 

ねこのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「飼い主さんの中で、どれくらいの割合の人が赤ちゃん言葉を使っているのかわかりません。ですが、すべての人が赤ちゃん言葉で話しているとは思えませんし、そうしていなくても多くの人はいい関係を築けていると思います」


ーーたしかにそうですよね。

獣医師:
「ただ、猫は大きな音を嫌うので、大声で話しかけるのは嫌がられる原因になります。赤ちゃん言葉で話しかけるからいいのではなく、赤ちゃん言葉を話しているときのトーンや口調、声の感じが、猫にとって安心できるからいいといえるのではないでしょうか」


ーー飼い主さんの赤ちゃん言葉を聞いた猫は、どんな気持ちになると考えられますか? 

獣医師:
「そのときの猫の気持ちまではわかりませんが、赤ちゃん言葉を理解しているというよりはトーン、口調、声の感じで安心しているというところかもしれませんね」

猫に対して、こんな言葉や話し方はNG!

ーー猫に対して、「こんな言葉や話し方はよくない」というものはありますか? 

獣医師:
「猫が安心を感じる声の逆がよくないということになります。つまり、大きな声や低い声は猫が嫌がるので、避けたほうがよいでしょう。優しく落ち着いた、高めの口調で話しかけてあげてください。また、猫はコミュニケーションがとれていない人を警戒したり、猫の気分を考えずに、過度で一方的なコミュニケーションをとろうとする人を嫌ったりします。猫の様子を見ながら、話し方を気をつけるように心がけましょう」

愛猫が安心できるような話し方をするように、飼い主さんは日頃から心がけてみましょうね!

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真は「いぬ・ねこのきもちアプリ」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/雨宮カイ

ねこのきもちWeb編集室

最終更新:5/15(水) 21:15
ねこのきもち WEB MAGAZINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ねこのきもち

株式会社ベネッセコーポレーション

最新号を毎月10日前後に
ご自宅にお届けします

1,111円

愛猫との関係、健康など、役立つ情報満載。
調べてもはっきりしなかった疑問に専門家が回答!
雑誌&付録を毎月ご自宅にお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事