ここから本文です

朝の支度のストレスが激減。100円グッズでマグネット収納

5/15(水) 21:12配信

ESSE-online

毎朝の支度には、なるべく時間をかけたくないもの。

ESSEが注目する、暮らしやすいインテリアや収納の達人・鈴木淳子さんは、化粧に使うコスメや道具を「マグネット収納」することで、時短かつノーストレスになったといいます。
100円ショップのアイテムでできるというこの収納術について、詳しく教えてもらいました。

散らばりやすい化粧品や道具はマグネット収納! 簡単にDIYできます

お化粧になるべく時間をかけたくない私は、毎朝、洗面所でお化粧をしています。
これまでは化粧ポーチに毎日使うものをまとめて、洗面台の端に広げていたのですが、場所が狭いため、洗濯機との間に落としたりしてイライラしていました。

そこで、洗面台の扉裏にマグネットでくっつける収納にしてみたところ、イライラが激減。快適になりました。
ここからわが家のお化粧コーナーのつくり方をご紹介します。

用意するものは、すべて100円ショップで購入できるものです。

【材料】

・ホワイトボード
・両面テープ
・シールタイプのマグネット
・ハサミ

(1)少し力を入れて、ホワイトボードを解体し、薄い鉄板だけの状態にします。このとき、長い枠からはずしていくと解体しやすいです。鉄板に接着剤が残ってしまう場合があるので、そのときは、カッターで切り離すときれいにとれます。

そして、その裏に、両面テープをはります。よほど重たいものをつけない限りは、強力タイプでなくても、問題なく使うことができます。

(2)化粧品や道具を収納したい場所を決めます。立った状態で、出し入れしやすい洗面所の扉裏(洗面台の鏡裏がおすすめ)で、扉を閉めたときに、少し隙間のある場所がいいでしょう。

(3)(2)の場所に、(1)の鉄板をはりつけます。ポイントは、扉がきちんと閉まるように、扉裏の横幅よりも鉄板の横幅を小さくすること。鉄板は、キッチンバサミで切ることができます。

(4)収納したい化粧品のケースの裏に、シールタイプのマグネットを切ってはりつけます。強度がたりない場合には、マグネットを重ねてはると、強度が増します。

1/2ページ

最終更新:5/15(水) 21:12
ESSE-online

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ESSE

扶桑社

2019年6月1日発売号

¥558

『ESSE(エッセ)』は生活情報誌。家事、節約、収納、レシピ等のニュースを配信中!
(7月号は特別定価558円)
今月は「リサ・ラーソン特製保冷バッグ」が付録についた特装版(定価850円)が同時発売!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい