ここから本文です

ソニー、耳をふさがないイヤホンにネックバンド型Bluetoothモデル。低音の量感も強化

5/15(水) 12:05配信

PHILE WEB

ソニーは、耳をふさがないオープンイヤースタイルイヤホンの新モデルとして、ネックバンド型Bluetoothイヤホン「SBH82D」を6月8日に発売する。ブラック/グレー/ブルーの3色をラインナップし、1万円前後での実売が予想される。

耳をふさがないことで、周囲の音を確認したり会話したりしながらなどといった具合に音楽を “ながら聴き” できるイヤホンの新モデル。完全ワイヤレスイヤホン「Xperia Ear Duo」、有線イヤホン「SSTH40D」に続く、ソニーグループとして3機種めのオープンイヤースタイルイヤホンで、新たにBluetoothモデルがラインナップに加わった格好だ。

13.6mm径のドライバーを搭載し、ソニー独自の耳をふさがない音導管設計を採用。ドライバーユニットを耳の後ろに配置して、音導管を通して鼓膜へダイレクトに音を届ける構造にしている。有線モデルの「STH40D」とドライバー自体は同じものだが、BluetoothチップとDACアンプのチューニングによって低音の量感を増しており、音楽をよりしっかりと楽しめるようになったという。

一方で、耳をふさがない構造ながら、鼓膜に効率よく音を届けることによって周囲へ音漏れしにくいよう配慮。「会話も音楽も両方楽しめる音量であれば音漏れの心配はない」という。

なお筐体デザインは「Xperia Ear Duo」や「SSTH40D」を踏襲した “下掛けスタイル” を採用。より多くの耳の形にフィットするとしているほか、メガネ着用者でも使いやすいよう配慮している。

BluetoothはSBC/AACコーデックに対応し、バッテリー持続時間は約7.5時間。25.5gと軽量な設計にしていることに加え、ネックバンドも柔らかい素材で小さく収納できるようにするなど、使い勝手にも配慮している。またNFCにも対応している。なお有線接続しての使用には対応していない。

ネックバンド部には各種操作ボタン類を装備。電源ボタンとNFCをR側、L側には音量調節ボタンとマルチファンクションキーを備え、再生/停止や曲送り/戻しなどの楽曲操作や、Googleアシスタント/Siriといった音声アシスタント機能が利用できる。

再生周波数帯域は20Hz-20kHz。USB Type-Cケーブル(約15cm)や、フィット感を向上させるためのリングサポーター(S/M/L 各2個)が付属する。

ファイルウェブ編集部

最終更新:5/15(水) 12:32
PHILE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事