ここから本文です

レゴのSTEM教育キットは、子どもたちに「失敗」の重要性を教えてくれる

5/15(水) 8:13配信

WIRED.jp

小学校高学年から中学校のころを振り返ると、当時のありとあらゆる考えや気持ちが蘇ってくるに違いない。しかし、「実りあるSTEM(Science=科学、Technology=技術、Engineering=工学、Mathematics=数学)教育」を思い出す可能性は低いだろう。

「STEM教育」に最適な15の玩具

こうしたなか、レゴがSTEM教育の教材として「SPIKEプライム」を発表した。これはコーディングとロボット工学を組み合わせた新製品で、授業中に気が散りやすい年ごろの児童や生徒の関心を決め手になることが期待されている。

レゴはプログラミングとロボット工学の分野において、すでに「レゴ マインドストーム」を展開している。とはいえ、11~14歳の子どもたちにとってマインドストームは複雑であるがゆえに、気後れしがちである。ロボットの色は黒と赤を基調としたものが多く、つくりはサイバーパンクなSFっぽい雰囲気が強い。

そんなマインドストームとは対照的に、SPIKEプライムは親しみやすさを強調している。子どもたちは明るい色とわかりやすい形を選べる。そして、ドラッグ・アンド・ドロップで使えるプログラミング用のツールによって、無理なく学習を始められるのだ。

レゴエデュケーションのセカンダリースクール・チームを率いるマリアンヌ・ニトフト・バッハは、次のように説明する。「どの子どもにも興味をもってもらえるように全力で取り組みました。将来、この種の技能が誰にでも必要になることを、わたしたちは認識しているからです」

レゴは教室で、子どもがふたりひと組になってロボットをつくることを想定している。ロボットの種類は、ブレイクダンスをするロボット、気象予報ロボット、バッタのような外見のレーシングロボットなどさまざまだ。レッスンプランは全33種類で、授業時間はそれぞれ45分間となる(SPIKEプライムもレゴなので、もちろん子どもたちはメーカーの想定外の行動も自由にできる)。

約330ドル(約36,600円)のキットには、523個ものブロック(別売りの拡張セットには603個のブロック)が入っている。ブロックは大まかに色分けされているので、どのブロックがどんな働きをするのか、小学校高学年以上の児童や生徒たちが区別しやすくなっている。ロボットを作動させるコアユニットは黄色、車輪はすべて青、センサーは黒といった具合だ。現在、予約受付中で、発売開始は8月を予定している。

「わたしたちはツールキットを制作しているところなのです。このキットは、完成するとどうなるのかパッケージを見ればわかる創作物というだけではありません。箱を開けたら素晴らしい“発明品”をつくれるのです」と、SPIKEプライムのシニア・コンセプトリーダーを務めるシッダース・ムティアラは語る。

「レゴのブロックには多くの色があり、色の違いによって多彩な要素を表現できることに、わたしたちは気づきました。子どもたちの創造性をよい方向に導きます。既成概念にとらわれずに考えることができるのです。ブロックの色についてだけでなく、創作中の作品について考えることになります」

1/3ページ

最終更新:5/15(水) 8:13
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい