ここから本文です

【フォーミュラEチーム紹介08】着実にパフォーマンスを上げつつある“パナソニック ジャガー レーシング”

5/15(水) 12:01配信

Webモーターマガジン

連続入賞を果たしながら大きくレベルアップ

5シーズン目を迎えたフォーミュラE、現在は11チームが参戦し、各チーム2台づつ、計22人のドライバーでドライバーズチャンピオンとチームズチャンピオンを争っている。短期集中連載で現在、フォーミュラEに参戦するチームを紹介する。

シーズン5まで何がどのように変化してきたのか?

シーズン3:2016-2017から参戦を開始したジャガーのワークスチーム。フォーミュラEに参加することによって自動車メーカーとして将来のEVのビジョンを示すとともに、技術力に磨きをかける狙いがある。

チーム運営でF1のウイリアムズチームのバックアップを受け、パナソニックのスポンサードと技術協力を得て参戦している。着実にパフォーマンスを上げてきており、第7戦ローマE-Prixで悲願の初優勝を飾った。

アレックス リン

レッドブル・ジュニアチームの一員として、F3、GP2に参戦。フォーミュラEにはシーズン3:2016-2017にDSヴァージンレーシングからスポット参戦、その走りが認められてシーズン4:2017-2018は同じくDSヴァージンレーシングからフル参戦、今シーズンは第7戦ローマよりネルソン・ピケjrに代わってパナソニック・ジャガー・レーシングに加入した。

ミッチ エバンス

2010-2011年にニュージーランドのトヨタレーシングシリーズでタイトルを獲得、その後、GP3からGP2にステップアップしてGP2で4年間戰い、2013年シリーズ14位、2014年4位、2015年5位、2016年12位という成績を残す。フォーミュラEへのチャレンジはジャガーのワークス参戦がきっかけで、チャンピオン候補と言われながらは14位、シーズン4:2017-2018は7位。今シーズン第7戦ローマでついに念願の初優勝を飾り、ランキングも4位にはジャンプアップした。マーク・ウェーバーの教え子として知られる。
(データは2018-2019シーズン第7戦ローマE-Prix終了時点)

Webモーターマガジン

最終更新:5/15(水) 12:01
Webモーターマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事