ここから本文です

<目撃>巣を発射!オウギグモの驚異の「狩技」、仕組みを解明

5/15(水) 18:28配信

ナショナル ジオグラフィック日本版

筋肉を何度も使ってパワーを増幅、巣の“銃”の加速度は重力の約80倍

 クモの巣というものは、獲物がかかるのをじっと待つだけの受動的な罠だと考えている人が多いだろう。

【動画】オウギグモの驚異の「狩技」

 ところが、それよりも進んだ巣を作るクモもいる。たとえば、世界各地で見られるオウギグモは、糸の張力を利用して狩りの道具にする。

 5月13日付けで学術誌「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」に発表された論文によって、オウギグモの1種であるHyptiotes cavatusの巣が、恐ろしいほどのエネルギーを蓄え、放出していることが明らかになった。

 彼らの巣は扇形で、支点にあたる部分から1本の糸が木に向かって伸びているように見えるが、その間には自分自身がいる。巣につながる糸と木にとめた糸は別々だ。そして、木にとめた糸をクモがたぐるようにすると、逆に巣につながるほうの糸が引っ張られて、巣全体がピンと張り詰めていく。

 巣にエネルギーを溜め込んでいくその様子は、まるで弓を引き絞るようだ。ただしオウギグモの場合、体全体を使って適切なタイミングでそのエネルギーを解き放つ。

 虫がクモの巣にぶつかると、オウギグモは木にとめていたほうの糸を解き放つ。すると、獲物に向けて巣とともに自らが発射される。このときに、粘着性のある糸にまず獲物がくっつく。続けて、木にとめたほうの糸によってクモの動きが突然止まり、その反動で今度は巣が逆方向に引っ張られるおかげで、虫が巣にくるまれて一丁上がりというわけだ。

「まるで投網銃のように」この巣は機能すると、論文の共著者で、米オハイオ州アクロン大学の博士課程に在籍するダニエル・マクスタ氏は言う。氏によると、オウギグモは獲物を確実にとらえるために、巣の再装填と発射を数回繰り返したり、腹から新しい糸を出して木にとめたほうの糸を瞬時に伸ばしたりすることもあるという。

 彼らが研究したHyptiotes cavatusが作る巣の“銃”の加速度は、770m/s2を超えた。これは重力による加速度のおよそ80倍、NASAのスペースシャトルの最大加速度の26倍にあたる。

 論文の著者らは、自分の体内にある器官以外のものを使ってエネルギーを貯蔵・増幅させ、一度に放出するというこの技を使う動物は、人間のほかに例がないとしている。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事