ここから本文です

令和に買いたい!【大型アドベンチャー-02】2019ニューモデル大集合 #14

5/15(水) 11:30配信

WEBヤングマシン

スタンダードのメーターは2分割構造。モノクロ表示ではあるが、別売グリップヒーターの動作表示にも対応するなど、機能は多い。対してGTは、1画面のフルカラータイプで、鮮やかな表示によりギヤ段数や残燃料などがより確認しやすい。

GTには、シフトアップ時のみ対応するクイックシフトシステムが標準装備され、ツーリング時のクラッチレバー操作回数が削減できる。

タンデム時や荷物積載時に、特別な工具なしでリヤサスのプリロードを簡単に調整できる油圧リモートアジャスターを、GTのみ搭載する。

[TRACER 900]2015年の登場時はMT-09トレーサーを名乗っていたが、’18年型での刷新時に車名が変更され、GTも追加された。スタンダードはこの際に、スイングアームの60mm延長や新シートの採用、外装デザインやハンドルなどの見直しが施された。

ヤマハ トレーサー700/GT:海外市場のみで展開するシリーズ

プラットフォームベース車としての役割も担う、ネイキッドのMT-07が開発ベースで、スタンダードは’16年春発表。’19年型では、大型化で防風性が高められたスクリーン(スタンダード同様に位置調整が可能)や、快適性が向上されたシート、20L容量のボディ同色パニアケースを標準装備したGT仕様が追加された。スタイリッシュなハンドガードやブレース付きハンドルバー、鋼管製フレームなどはシリーズ共通だ。

【YAMAHA TRACER700 GT 2019】主要諸元■水冷4スト並列2気筒 689cc 74.8ps 6.93kg-m 196kg 17L シート高835mm ●入荷予定なし

シリーズ共通のメーターは、MT-07から基本デザインが踏襲されたフル液晶デジタル表示タイプ。

[TRACER 700]スタンダードは’19年型で車体色変更。●入荷予定なし

スズキ Vストローム650/XT/XTツーリング:適度なパワーと車格が最大の長所

アルミ製フレームに、水冷90度Vツインエンジンを搭載。2モード+オフのトラコンや、3段階調整式スクリーンを備える。XTは、前後19/17インチのタイヤサイズはそのままに、ホイールをチューブレス仕様のワイヤースポーク型に換装して、ナックルガードとエンジンアンダーカバーを追加してある。欧州で’19年型として発表されたXTツーリングは、パニアケースやパイプ製の車体ガード、センスタを標準装備する。

2/3ページ

最終更新:5/15(水) 11:30
WEBヤングマシン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヤングマシン

内外出版社

2019年08月号
6月24日発売

定価880円(税込)

スクープ:KAWASAKI Ninja ZX-25R
特集:4気筒250cc再び
別冊付録その1:キャンツー超入門
別冊付録その2:WORKMAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ