ここから本文です

Netflixドラマ『ストレンジャー・シングス』とイラストレーター 中村佑介がコラボ 「スパイ」テーマに描く

5/15(水) 16:38配信

KAI-YOU.net

Netflixオリジナルドラマ『ストレンジャー・シングス』と、『夜は短し歩けよ乙女』のイラストで知られるイラストレーター・中村佑介さんのコラボアートが公開された。

【夏を感じる】『ストレンジャー・シングス』H&Mコラボアイテム

世界各国アーティストとのコラボアートが順次発表

『ストレンジャー・シングス』シーズン3の全世界同時配信を7月4日(木)に控え実施された本コラボレーション。

世界各国の著名アーティストが描いたコラボアートが順次発表されるスペシャル企画だ。エピソード順に作品の公式TwitterとInstagram上で発表されていく。

海外からも豪華なアーティストが参加。

日本でも個展を開催など活躍するフランスのジャン・ジュリアンさんや、“ブラジルのウォルト・ディズニー”と呼ばれる漫画家で、日本人ブラジル移住100周年・交流年のマスコットを描くなどして秋の叙勲を受賞したマウリシオ・デ・ソウザさん。

さらにCHANEL、DIOR、PRADAや資生堂などとのコラボレーション経験を持つスペインのCoco Davezさんら、さまざまなアーティストが各人のスタイルで作品への愛を表現している。

中村佑介「こんなドラマは見たことがない」

中村さんといえば、『夜は短し歩けよ乙女』『謎解きはディナーのあとで』のイラストで知られるイラストレーター。

今回は日本代表として参加。シーズン2の第6話「スパイ」のエピソードからインスパイアされたコラボアートを制作している。
 
エピソードタイトルからも連想されるように、ウィルをはじめとする主要キャラクターがタキシードを着て、『007』や『スパイ大作戦』などを彷彿とさせるポーズが。ボンドガール風衣装の人気キャラクターであるイレブン、彼らに迫る闇の存在の姿が描かれている。

中村さんも、以下のように作品への愛を語っている。

「こんなにも登場人物すべてが魅力的なドラマは観たことがありませんでしたので、出来るだけたくさんの人物を1枚の絵に詰め込みましたが、それでもエピソード的に描けない人物もたくさんいることがとても悔しかったです。だから全員分、また描かせてください!みんな大好きです」

1/2ページ

最終更新:5/15(水) 16:38
KAI-YOU.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事