ここから本文です

「Heaven’s Vault」は、古代語の翻訳プロセスを見事に描いたSFアドヴェンチャーだ:ゲームレヴュー

5/15(水) 12:36配信

WIRED.jp

SFの世界を旅しながら、架空の古代言語を解読し謎を解いていくゲーム「Heaven's Vault」。美しいアートワークと巧妙につくられたシステムを通じて、理論的な解釈で「古代語」を翻訳していくプロセスを丁寧に描いたアドヴェンチャーゲームだ。

学術研究に必要な要素を見事に捉えた作品

ゲーム「Heaven’s Vault」(日本語未対応)は、ある技術にまつわる作品である。古代の言語を解読し、その声に耳を傾ける翻訳の技術だ。

主人公アリヤ・エラスラが最初に受け取る遺物はブローチである。その表面には、大昔に忘れ去られた言語で短い文字列が刻まれている。プレイヤーはこの言語の専門家であるエラスラの知識を使いながら、いくつかの候補から各単語のいちばん確からしい訳を選ぶ。この作業に勝ち負けはない。ただ正しい訳を予想しながら物語を進めるのみだ。

物語の進行とともに複雑な文章も登場するが、以前に翻訳を予想済みの単語の下には訳が表示される。物語から得られるコンテクストによっては、過去に付与した訳を変えたくなるかもしれない。遺物を発見して翻訳を進めるにつれ、訳した数々の文章からこの古代言語の理論的な解釈の仕方が浮かび上がってくるだろう。

Heaven’s Vaultの解読作業はエレガントかつシンプルで、ゲームも真に美しい。開発したのは「80 Days」の生みの親であるInkle Studiosだ。作品内には印象的なアートワークと考え抜かれたセリフがたっぷり仕込まれており、それらがプレイヤーを物語に引き込み、世界観を教え込んでいく。

学術研究に必要な要素を見事に捉えた作品

エラスラが住むのは、美しいSFミステリーの世界。行方不明になった元同僚(彼女のメンターの友人でもある)を見つけるべく、彼女はNeblaと呼ばれる宙域や人里離れたコロニーを探索する。彼女が行動をともにするのはシックスという名のロボット、そして宇宙船と荷船を足して2で割ったような空飛ぶ船だ。この船で、アリヤは気流に乗っての旅を続けていく。

本作は、一瞬一瞬が静かで厳かな神秘的雰囲気で満ちている。さらにHeaven’s Vaultは、その翻訳のシステムによって、「トゥームレイダー」のような考古学をテーマとするほかの作品とは一線を画すものに仕上がっている。

最終更新:5/15(水) 12:36
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事