ここから本文です

FIFA U-20 ワールドカップでブレイク!? 見逃せない南米の注目選手達

5/15(水) 19:02配信

footballista

イバン・アングロ

 最後に紹介するのはコロンビアの至宝と呼ばれるアタッカー、イバン・アングロ。1999年3月22日生まれの19歳で、今年2月からブラジルの強豪パルメイラスでプレーしている。
 
 アングロの才能を語るとき、彼がコロンビア国内で優れた逸材の発掘と育成に定評のあるエンビガードの出身であることを忘れてはならない。エンビガードからはフレディ・グアリン、ハメス・ロドリゲス、フアン・キンテーロといった代表の主力クラスの選手たちが巣立っており、アングロも下部組織時代から才能を見込まれ、2017年にトップチームでのデビューを果たした。中盤以外にウィングとしてよりゴールに近い位置でもプレーでき、U20南米選手権では持ち前の速さを活かしたドリブルから攻撃に欠かせない存在となっただけでなく、自らゴールも決めて本大会出場権獲得に貢献した。

 まだ荒削りなところもあり、本人も「決定力に磨きをかけることが課題」と語っているが、エンビガードの育成部門の指導者たちは「うちで大切に育てられてきたという経歴だけで伸びしろが保証されているようなもの」と言い切る。コロンビア国内では、すでにレアル・マドリーが獲得に興味を示しているという報道もあり、次世代のA代表を担う選手になることはほぼ確実と考えられている。

3/3ページ

最終更新:5/15(水) 19:02
footballista

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊フットボリスタ

株式会社ソル・メディア

Issue 073
9月12日(木)発売

定価980円(税込)

[特集]
加速する欧州の「10代マーケット」
日本の若手が狙われる理由

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事