ここから本文です

「最高のスキル」 マンCレフティー、相手翻弄の“壮麗フェイント”が世界に反響拡大

5/15(水) 10:32配信

Football ZONE web

マフレズが優勝に貢献する強力なミドル弾 「非常に素晴らしい道筋」

 マンチェスター・シティのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズは現地時間12日、プレミアリーグ最終節のブライトン戦に先発フル出場し、勝敗を決定づける3得点目を奪い、リーグ連覇に貢献。左足で鋭いフェイントで相手DFを翻弄してからの右足の強烈なミドル弾は「壮麗なフェイント」「最高のスキル」と世界で反響が拡大している。

【動画】「最高のスキル」 シティMFマフレズ、左足の「壮麗なフェイント」から右足の「強力な一撃」でネットに突き刺す一部始終

 2位リバプールとの熾烈な優勝争いを演じてきたシティは勝ち点95で、わずか勝ち点1差のリードを保って最終節のブライトン戦を迎えたが、前半27分にCKから先制点を献上。しかし1分後の同28分にアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが同点弾を決めると、同38分にはDFアイメリク・ラポルテがCKからヘディングシュートを叩き込み、瞬く間に逆転した。  

 そして、2-1で迎えた後半18分、マフレズはペナルティーエリア手前でパスを受けると、左足に持ち替えてシュートモーションに入る。相手DFルイス・ダンクがスライディングでブロックに入るも、鋭いフェイントで置き去りとすると、右足を力強く振り抜いた。矢のように放たれた一撃はゴール右上に突き刺さり、貴重な3得点目を奪った。

 優勝を確実なものとしたマフレズのスペクタクルなミドル弾に国内メディアからは「衝撃的なソロゴール」「トップコーナーへ最も美しい一撃」と称賛の言葉が送られていたが、反響は世界にも拡大。ペルー紙「エル・コメルシオ」は「左足で壮麗なフェイントを生み出し、右足で決定打を放った」と紹介し、「非常に素晴らしい道筋」とゴールを奪うまでの一連のプレーを称えている。

 また、ペルーメディア「depor.com」も「最高のスキルを炸裂し、エリア外から仕留める強力な一撃を突き刺した」と説明している。激しいポジション争いに苦戦を強いられるシーズンを過ごしたマフレズだが、確かなインパクトを残してリーグ連覇に貢献した。

Football ZONE web編集部

最終更新:5/15(水) 10:32
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事