ここから本文です

元ポルトガル代表DF、相手のパンツを脱がす怒りの“珍抗議”に世界爆笑「滑稽な瞬間」

5/15(水) 7:01配信

Football ZONE web

リオ・アベDFコエントラン、手を伸ばすも相手に起こしてもらえず感情爆発で珍行為

 ポルトガルリーグで海外メディアも驚く“珍プレー”が生まれた。ポルトガル1部リオ・アベはリーグ第33節でベンフィカに2-3と敗れたが、かつてレアル・マドリードなどで活躍した元ポルトガル代表DFファビオ・コエントランが相手選手のパンツを下ろして抗議する珍事が発生。「相手のパンツを下ろした」「スタンドを笑わせた」「おかしい行為」と世界で反響を呼んでいる。

【動画】「滑稽」「珍事」「おかしい行為」と海外爆笑! 元ポルトガル代表DFコエントラン、相手のパンツを脱がす怒りの“珍抗議”の決定的瞬間

 試合はリオ・アベが2点を先行される展開となった。前半3分にベンフィカMFラファ・シルバに先制点を奪われると、前半終了間際には今季UEFAヨーロッパリーグで史上最年少ハットトリックを達成したポルトガル代表19歳FWジョアン・フェリックスに被弾。劣勢のリオ・アベは後半5分にMFタランティーノの一撃で1点差に詰め寄るが、直後の同11分にFWピッスィに追加点を奪われて1-3とリードを広げられた。同39分にFWローナンがゴールを決めて2-3としたが一歩及ばず、リオ・アベがホームで敗戦。ベンフィカは最終節を残して首位をキープし、2位ポルトと勝ち点2差のデッドヒートを繰り広げている。

 そんな激闘のなかで脚光を浴びるワンシーンが生まれた。リオ・アベが1-3と追いかける展開で迎えた後半28分、敵陣左サイドでワンツーから抜け出そうとしたコエントランだったが、リターンパスに相手が反応してクリア。しかしコエントランが詰めてこぼれ球を拾うと、そのまま左タッチライン際でボールをキープした。ベンフィカが2人がかりで挟み込み、圧力に屈したコエントランは倒れ込みながらボールをキックしてゴールラインを割った。

 その直後、ピッチに倒れたコエントランは起こしてもらおうと、ベンフィカのギリシャ代表MFアンドレアス・サマリスに向かって右手を差し出した。ここで手を取って起こす友好的シーンが生まれるかと思われたが、サマリスは「ノー」と言わんばかりに右手の人差し指を横に振って無視。するとコエントランは感情を爆発させ、右手をそのままサマリスのパンツに伸ばしてずるりと下ろす驚きの行動に出た。

1/2ページ

最終更新:5/15(水) 7:01
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事