ここから本文です

大石絵理「めちゃくちゃビックリして…」“彼氏”がマッチングアプリで恋人探し

5/15(水) 6:05配信

ザテレビジョン

モデルの大石絵理が、5月13日に放送された「おぎやはぎの『ブス』テレビ」(毎週月曜夜9:00-10:00、AbemaSPECIAL)に出演。元恋人が、自身と付き合っていた時にマッチングアプリで“次の相手”を探していたという過去を明かした。

【写真を見る】プロフィルや写真もそのまま大石絵理の彼氏がマッチングアプリに登録していた

13日は、美人の気持ちを代弁する“美人コメンテーター”として大石、自称“ブス”メンバーでニッチェ・近藤くみこ、ライブ配信アプリ「SHOWROOM」で活躍中の東菜摘が登場。

“マッチングアプリを使う女性”についてのトークテーマで、大石は「私はやったことないですけど、友達から『LINEでマッチングアプリを見てたら、絵理の彼氏出てきたよ』と言われたことがある」と語りだす。

続けて「プロフィルも写真とかもそのまま載せていて、そういうのをやりそうなタイプの人ではなかったので、めちゃくちゃビックリして…。でも、もう(私との関係が)終わりかけだったんです。それでも、向こうが『一緒に居たい』と言ってくれている状況だったんです。

多分マッチングアプリで、次の相手が見つかったら私と別れようと思っていたんだ」と赤裸々に話し、自称“ブス”メンバーからは「最低」「同じ経験したことある」といった同情の声が上がった。

ほか、ニッチェ・近藤が「勉強のために、(マッチングアプリを)2週間だけやったんです」と告白。

「私がそのままの顔で出ると、テレビで見たことがある人に鼻で笑われて終わりだから、メガネをかけたりとか、あえて化粧をしていない状態の自分の“ロークオリティー”でやったんです。それで、どれくらいの人が私をマッチングしてくれるのか自信をつけるためにやったら、結構きました!」と明かし、自称“ブス”メンバーからも近藤に同意する意見が多数上がった。(ザテレビジョン)

最終更新:5/15(水) 6:05
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事