ここから本文です

株で成功する長期投資家の第一歩はPERを捨てること!

5/15(水) 21:05配信

ダイヤモンド・ザイ

 長期投資家の常識として、景気の悪いときに株は買うものである、というものがあります。長期投資では、景気のよい時はそれほど無理しません。景気の悪い時、業績は大きく下振れします。

 大きく下にブレる業績に比べて、株価はそれほど下には振れません。結果として、PERは高くなります。景気の良い時はその逆となります。PERは低くなります。

 おやおや、景気が悪い時、PERは高い。そこは長期の買い場。景気がよい時、PERが低い。そこでは長期では買い場となりません。長期投資家の中には、長期だから景気がよい時も悪い時もずっと同じスタンスで通せる腰の入った方もいらっしゃるでしょう。

 ただ、短期であっても長期であっても、それぞれの投資のタイミングは非常に重要です。どうせなら、株価が安い時に多めに買い、株価が高い時は様子見をする、というのが長期でのタイミングを重視する投資法になります。

 色々な投資の教科書にはPERが低い株を買うのが正しいと書いてあると思います。一体、どちらが本当なのでしょうか。短期では正しいこの考えは、長期のサイクルでは正しくありません。

 とてもややこしいですね。物事は単純では全くないものです。

 とにかく、長期の投資家としてまず、投資手法の初歩の初歩は、長期スタンスでPERを使わないことです。長期投資家にとっては、PERは、一生涯、無縁でも困ることはありません。長期投資をする場合は、辞書からPERという語彙を削除してください。

 これが成功する長期投資家への第一歩なのです。

 この連載は、10年で10倍を目指す個人のための資産運用メルマガ『山本潤の超成長株投資の真髄』で配信された内容の一部を抜粋・編集の上お送りしています。メルマガに登録すると、週2回のメルマガの他、無料期間終了後には会員専用ページで銘柄分析や、資産10倍を目指すポートフォリオの提案や売買アドバイス、成長株投資の分析法などもご覧いただけます。

山本 潤

最終更新:5/15(水) 21:05
ダイヤモンド・ザイ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ダイヤモンド・ザイ

株式会社ダイヤモンド社

9月号:7月20日

定価730円(税込)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事