ここから本文です

「息子が憎い!」転居先も孫の誕生も教えず別居

5/15(水) 16:00配信

東洋経済オンライン

※ミセス・パンプキンへの人生相談および、家族関係や親子問題のお悩み相談は専用メール、専用サイトで受け付けています。質問は400字以内でお願いします。回答は著者の新著『あらゆる悩み・不満・ストレスが消える! 最強の人生相談〈家族・結婚・夫婦編〉―ビジネスの成功にも共通する 人間関係、深すぎる40の教訓』の相談と内容が被らないものを優先し、本連載で掲載します。

息子は常々、「俺は長男だから、両親の老後の面倒はみる。定年後は旅行に行ったり好きなことをして過ごしてほしい」と言ってくれる子でした。そんな息子ですので、息子が結婚後も5年間同居しました。 

ところがある日、私たちにわからぬよう、別居の準備をしていたことが発覚しました。
そのときは、「息子も30歳過ぎた大人 。親の言うことばかり聞いていて、後で『あのとき、自分の言うことを聞いてくれなかった』と嫁から責められたら困るだろうし」と、着々と準備も進んでいるだろうから、出ていくのは結構との結論を出しました。
そして、1カ月後 「お世話になりました」と言って長男家族が出ていきました。
そこまでは仕方がないのですが、転居先を教えてくれることもなく、3人目の孫が生まれたという連絡もありません。

周囲からは、長男家族はどこかで元気に暮らしていると割り切り、自分たち夫婦のことだけ考え、楽しんだほうがよいと言われています。
しかし私には青天の霹靂で、親をないがしろにして出ていった長男のことが憎いやら、普通に交流ができないものかと葛藤が続き、精神的に参っています。
飯野純子(仮名)

■「青天の霹靂」と思っていても、相手は内心我慢していただけ? 

 転居先を教えず、3人目の孫が生まれたことの連絡もないとは、本当にひどい別れ方ですね。純子様の御心痛、私も痛いほどわかります。しかしながら、5年も同居しての別居が“青天の霹靂”だと思われていることから、問題は根深いように思います。

1/4ページ

最終更新:5/15(水) 16:00
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事