ここから本文です

38歳FWクラウチ、22年目のシーズンへ。クラブと契約更新交渉を開始か?

5/15(水) 20:20配信

フットボールチャンネル

 イングランド・プレミアリーグのバーンリーは、同クラブに所属する元イングランド代表FWピーター・クラウチとの契約更新交渉を開始するようだ。英メディア『BBC』などが現地時間の15日に報じた。

 来年39歳になるクラウチは1998年にトップチームに昇格。その後、移籍を繰り返し、ポーツマス、アストン・ビラ、サウサンプトン、リバプールなどを経て2009年にトッテナム復帰。だが、2011年にストーク・シティへ完全移籍。ストークで自身のキャリアでは最長の8年間在籍した。今年の1月からはバーンリーでプレーしている。

 今季加入したクラウチはリーグ戦6試合に出場した。バーンリーとは今季限りまでの契約となっているため、来季に向けた交渉が必要となる。同メディアによると、クラブは「来季の契約に向けた我々とクラウチとの交渉が開始される」と話しているという。

 来季22年目のシーズンを迎えるクラウチは、来季もバーンリーでプレーすることになるのだろうか。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:5/15(水) 20:20
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事